ハーブティーの資格

ハーブ資格の種類まとめ・独学におすすめの通信講座4選

ハーブって流行しているよね…。専門知識があれば生活が変わると聞くけど、どうやって学べばいいの?
ハーブの資格を取得したいけど、どれを選べばいいかわからない…

というお悩みはありませんか?

ハーブにはたくさんの種類があり、ハーブティーや料理に使う以外にも、クラフトやアロマセラピーなどとしても活用することができます。

メディカルハーブとして薬理効果が期待できるものもあるため、生活の簡単なお悩みを解決してくれる、なんていうことも。

ただし、効果的にハーブを活用するためには、ハーブの基礎知識や各論についての知識は必須と言えます。

知識をつけるために、そして知識を信頼してもらうために、ハーブに関する講座・資格がたくさんあることをご存知でしょうか。

茶ルパカ博士
茶ルパカ博士
この記事では、「ハーブについて学びたい!」と思った方が、どの講座・資格を選んだらいいのか手助けするお手伝いをさせていただきます。

ハーブに関する資格はどんなものがあるの?

まずは、ハーブの資格にどのようなものがあるのか紹介していきます。

ハーブについて全体的に学ぶものもありますし、和ハーブやスパイスとして使うハーブに特化したものまで存在しているため、それぞれのニーズに合わせて選択するのがおすすめですよ!

ハーブについての知識を全体的に問う資格・試験

ハーブインストラクター検定試験

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催しているハーブインストラクターは、食品関係の方に向けたハーブの資格です。

資格試験では食事・ハーブティーへの活用方法のほか、栄養の面からも出題があり、ハーブについて全体的な知識が問われます。

ハーブの活用方法だけでなく、ハーブについてうんちくを語れるようになるのが特徴。

日本安全食料料理協会に直接申し込むほか、通信講座のSARAスクールを利用して取得することもできます。

「SARAスクール」の「プラチナコース」に申し込むことで、「メディカルハーブカウンセラー」と同時に無試験で取得することができるため、忙しい方にはこちらがおすすめ。

ハーブインストラクター検定試験

ハーブプロフェッショナル資格

ハーブプロフェッショナルの資格は、通信講座ラーキャリで取得することができる資格です。

ハーブの知識・ハーブの薬理効果・ハーブティー&料理への活用について問う試験を通過しなければならず、総合的なハーブへの知見が求められます。

こう聞くとハードルが高いと感じるかもしれませんが、講座自体は初心者の方でも学べる内容。

ハーブについて基礎知識からしっかり学ぶことができますので、講座修了・資格取得の際には効果的にハーブを活用することができるでしょう。

ハーブプロフェッショナル資格

ハーブ検定試験

ハーブ検定は、日本ハーブセラピスト協会が主宰する、日本ではじめてのハーブに関する資格です。

試験は各級(1級・2級)年1回、会場まで出向いて受験するタイプの本格的なもの。

2級は自身でハーブを楽しみ、生活に取り入れていく程度の知識が問われます。それでもハーブの栽培方法や各論までの細かい範囲からの出題。

1級は周囲の方とともに楽しむ程度まで問われます。

いずれも試飲を含む実技があり、その点は楽しみでもありますね。

日本ハーブセラピスト協会公認の通信講座・通学講座があるため、そこで学んでから試験にチャレンジするのが一般的です。

ハーブ検定試験

和ハーブ検定試験

日本和ハーブ協会が主宰する、日本オリジナルのハーブである「和ハーブ」に絞った検定試験です。

具体的にはシソやミツバ、ゆずや山椒などが和ハーブに該当します。

日本で生活している上で、当たり前に触れる和ハーブについての知識・活用法が問われるのがこの検定の特徴。

公式テキストすべてが出題範囲で、最近はWEBで受験することができるようになりました。

1.5時間の対策講座が催される場合もあるため、興味がある方はぜひ受講してみてください。ZOOMによるオンライン受講も可能です。

和ハーブ検定試験

メディカルハーブに特化した資格・試験

メディカルハーブセラピスト資格

日本能力開発推進協会 (JADP)が主宰するメディカルハーブに特化した資格。

ハーブがもつメディカルな側面を学び、医療従事者・美容関係に従事している方などがプラスアルファの知識を得ていることを証明する資格です。

ハーブの基礎知識に加え、ハーブの薬理効果を期待した施用方法、ハーブの育て方まで総合的に出題される試験が特徴。

メディカルハーブセラピストを取得するためには、通信講座キャリカレの講座を修了する必要があります。

試験のみの受験はできないものの、「キャリカレ」の講座は初心者の方から学ぶことができるため、メディカルハーブだけでなくハーブ初心者の方でも安心して受講・受験することができる資格です。

メディカルハーブセラピスト資格

メディカルハーブカウンセラー検定試験

メディカルハーブカウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会が主宰する癒しをコンセプトにしたハーブの資格。

ハーブが持つリラックス効果やデトックス効果について学び、周囲の方にアドバイスするところをゴールとした資格です。

体調を整えるためにハーブを施用する場合、専門知識の有無が重要。

メディカルハーブカウンセラーは、その知識を総合的に得た方に与えられる資格です。

日本メディカル心理セラピー協会に申し込みをして受験するほか、SARAスクールの講座で学ぶことも可能。

「SARAスクール」の場合は、「ハーブプラチナコース」を選択することで、試験なしで資格取得まで進むことができますよ!

メディカルハーブカウンセラー検定試験

メディカルハーブ検定試験

日本メディカルハーブ協会が主宰するメディカルハーブについての検定試験です。

メディカルハーブについて、歴史から各論までが出題範囲となり、実際に生活で活用するための知識まで問われます。

公式テキスト「メディカルハーブ検定テキスト」が出題範囲になりますので、受験の際はこのテキストで学んでおくのがおすすめ。

練習問題もWEBに公開されていますので、「どんな試験かな?」と気になる方はぜひ覗いてみてください。

本番の試験もWEBで行います。60問70分の試験で、自宅から受験できますよ。

ちなみに、同日に行われる「ハーブ&ライフ検定」と併願することもできます。

メディカルハーブ検定試験

ハーブティーについての知識を問う資格・試験

ティーコンシェルジュ

日本ティーコンシェルジュ協会が主宰する、ハーブティーだけでなくお茶やコーヒーに関する知識も得ていることを証明する資格です。

ジュニアティーコンシェルジュから1級ティーコンシェルジュまで存在し、級が上がるごとに難易度・専門性が高くなります。

お茶の淹れ方だけでなく、世界の料理と合うお茶について学んだり、ブレンドティーへの実践まで学ばなければ資格取得まで至ることができません。

基本的には講座(座学)+試験のセットとなります。

ティーコンシェルジュ

ハーブティーブレンド・アドバイザー

ハーブティーブレンドマイスター協会が主宰するハーブティーについての資格です。

資格はオンライン試験に合格した方に与えられる「ハーブティーブレンド・ジュニアアドバイザー」と、本試験合格後に与えられる「ハーブティーブレンド・アドバイザー」の2種類。

後者を取得した場合、検定講座の講師を務めることができたり、協会指定の認定教室の主宰ができたりなど活躍の幅が大きく広がります。

自分でハーブティーを楽しめるようになるほか、ハーブとのブレンドに適した茶葉や食材についての知識も問われるのが試験の特徴。

ハーブティーブレンド・アドバイザー

ハーブに加えてスパイスについても問う資格・試験

スパイス&ハーブ検定

公益財団法人「山崎香辛料振興財団」が主宰する、スパイスとハーブに関する検定です。

日常にスパイスとハーブを取り入れることを目指す3級から、周りの方にアドバイスできるようになるのを目指す1級まで3つの級が存在します。

いずれもオンラインで受験する方式で、いずれの級も50分から90分の制限時間がある、在宅受験の方式とはいえ本格的な試験が特徴。

3級はスパイスとハーブの歴史や基礎知識、各論を少しですが、1級になると各論が増えてマイナーなスパイスとハーブの知識まで問われる専門的な内容です。

2級ではハーブティーについての知識も問われます。

スパイスとハーブを料理に取り入れたいと考えている方に最適な検定でしょう。

スパイス&ハーブ検定

スパイス&ハーブコンサルタント

日本能力教育促進協会(JAFA)が認定するスパイスとハーブの資格です。

特に級などによる区分けはなく、一種類取得すれば完了なのでお手軽。

スパイスとハーブについて、料理への取り入れ方、美容と健康へのアプローチ、そして食以外への活用方法まで問う試験が課されます。

コンセプトは「楽しみながら生活に取り入れる」ですので、スパイス・ハーブ初心者の方でもチャレンジしやすい資格でしょう。

スパイス&ハーブコンサルタントの資格を取得するためには、フォーミーの講座を受講する必要があります。

協会への直接の試験の申し込みはできず、「フォーミー」の講座以外を利用した試験の受験はできませんので注意してください。

スパイス&ハーブコンサルタント

独学できるハーブティー資格おすすめ通信講座4選

先ほど紹介したハーブの資格の中で、独学・在宅で取得することができる通信講座をまとめてみました。

資格名講座名テキスト試験価格(税込)
メディカルハーブセラピストキャリカレ冊子・映像在宅48,400円
スパイス&ハーブコンサルタントフォーミーWEBWEB34,100円
ハーブプロフェッショナルラーキャリ冊子在宅49,500円
ハーブインストラクター資格・メディカルハーブカウンセラー資格SARAスクール冊子なし79,800円

各資格について簡単に紹介していきます。

お茶子
お茶子
詳しい解説は、それぞれの記事を参考にしてみてくださいね。

キャリカレで取得できる、「メディカルハーブセラピスト資格」

JADP認定のメディカルハーブセラピスト資格を取得する場合、通信講座のキャリカレを受講するのが必須。

「キャリカレ」のメディカルハーブセラピスト講座は仕事が忙しい方でも短期間で学べるプログラムで、標準学習期間は4か月ほどです。

スキマ時間で自分のペースで進めていくことができますよ!

専門用語をわかりやすい言葉で解説したり、写真をたくさん載せたカラー版にしたりなど、初心者の方でもとっつきやすいように編集されたテキストが特徴。

映像講義もあり、飽きずに進めていくことができます。

資格試験も在宅でできるため、試験に出かけるのが億劫な方におすすめです。

メディカルハーブセラピスト資格講座(キャリカレ)の口コミ 難易度・料金も解説 などのお悩みはありませんか? 薬理効果を持つハーブのことを「メディカルハーブ」と呼び、日常的な悩みに効果が期待でき...

フォーミーで取得できる、スパイス&ハーブコンサルタント資格

スパイス&ハーブコンサルタント資格を取得するためには、このフォーミー」の講座受講が必須です。

「フォーミー」の講座はすべてWEBで完結するのが特徴で、テキスト・試験共にWEBで受講・受験することができます。

試験ですらも電車などの移動中で完結できるため、忙しい方に最適。

画像をたくさん使っているテキストで、見ていて飽きにくい工夫がされています。

初心者の方や紙のテキストで「勉強している感」が苦手な方が資格を目指したい場合は、ぜひスパイス&ハーブコンサルタントに挑戦してみてくださいね!

フォーミーのスパイスハーブコンサルタント資格の口コミ・難易度・料金まとめ というお悩みはありませんか? スパイスは、日本人の食卓にもなじみ深いものとなっています。 たくさんの種類が売...

ラーキャリで取得できる、ハーブプロフェッショナル講座

ハーブプロフェッショナルの資格を取得する場合、ラーキャリから申し込む必要があります。

よくある講座+試験のセットだけではなく、講座(テキスト)のみ、または試験(資格)のみのコースも用意されていますので、ニーズに合わせて選択しましょう。

オリジナル教材を用いた学習方法で、提出課題もあるものの提出は必須ではありません。

学習期間の設定もなく、ずっとメールサポートを受けることができるため、初心者の方や時間のない方でものんびり進めることができますよ。

試験も在宅ですので、自分のペースで行うことができます。

ハーブプロフェッショナル資格(ラーキャリ)とは 口コミ・難易度・料金まとめ というお悩みがある方は多いのではないでしょうか。 ハーブは香りを楽しむほか、ハーブティーとしてお茶を楽しんだり、時...

SARAスクールで取得できる、ハーブインストラクター資格、メディカルハーブカウンセラー資格

SARAスクールのハーブ講座では、ハーブインストラクター・メディカルハーブカウンセラーの2つのハーブ資格をまとめて取得することができます。

標準学習期間は6か月ですが、最短2か月で学習を終えられます。

2か月で2つの資格を取得できるのは、かなり効率が良いのではないでしょうか。

また、「SARAスクール」のハーブ講座には「基本コース」「プラチナコース」の2つがあり、「プラチナコース」を選んだ場合は試験なし(課題提出のみ)でいずれの資格も取得することができます。

「在宅とはいえ試験受けるのなんて嫌だ…」という方におすすめの講座です。

SARAスクールのハーブ資格講座の口コミは? 難易度・料金も解説 というお悩み・疑問はありませんか? ハーブティーやアロマセラピーは身近なものになってきていますが、自分で用意するの...

独学で取得するなら通信講座で学ぶのがおすすめ

「学びたい!」という意欲があったとしても、やはり仕事や育児で忙しい方にとって、スクールに通うのは難しいもの。

忙しい方ほど先ほど紹介した通信講座がおすすめです。

ハーブに関する資格講座で、通信講座を選ぶメリットを紹介していきます。

自宅・移動時間などで学べる

何よりも大きいメリットとして、どこでもテキストを広げて学べることが挙げられます。

特に講義を聞かなくても理解できる内容にまとまっていますので、仕事や家事の合間に、自分のペースで進めていくことが可能です。

「フォーミー」の場合は、テキストがWEBのため外から見て「勉強している感」もありません。

電車の中でもスマホをいじっているだけで学習を進めることができますので、テキストを持ち歩くことに抵抗がある方にもおすすめです。

一方、スクールに通う場合は、決まった時間に講義を聞きにいくことになります。

先生の授業を聞いて、ノートを取るなどのまとまった学びの時間が取れるのはメリットの1つではありますが、やはり時間がない方にとっては不便かもしれません。

仕事をされている場合、就業後や休日にスクールに通うことになりますが、体力的に負担に感じてしまうという方も多いようです。

また、先生への質問という面でも、いずれの通信講座でも学習期間中はサポートしてくれます。

通信講座は、スクールに通っているのと遜色なく学ぶことができますよ!

試験も在宅だからラク

いずれの通信講座も、試験まで在宅で受験することができます。

「え!?試験中にテキストを見ることもできちゃうけど…」と思うかもしれませんが、もちろんテキストを見ても問題ありません。

いずれの試験も丸暗記するのではなく、得た知識をどのように活用するのかを問う問題となっているので、赤シートを使って暗記する必要はありません。

在宅で受験できるため、途中で料理の続きをしたり、お子さんの相手をしながら受験することだって可能です。

忙しい方なら、在宅で受験ができる通信講座を選択するのがおすすめ。

市販のテキストでの独学ってどうなの?

通販サイトamazonなどでも、ハーブに関する資格のためのテキストを販売しています。

たとえば、以下のようなものがありました。

(メディカルハーブ検定)


(スパイス&ハーブ検定)

これらのテキストは、1冊で受験までの内容を網羅しており、すべての内容を学び終えると試験で問題なく戦える程度の知識がつきます。

ただ、スクールや通信講座と異なり、先生に質問することはできません。

わからないことがあった場合は、ネットで調べるなどをして自己解決する必要があります。

ですので、市販のテキストで進めるのが向いているのは、以下のような方でしょう。

  • 1人で計画的に学習を進められる方
  • わからない箇所を調べるのが苦ではない方
  • 資格講座にそこまでお金をかけられない方

また、市販テキストで取得可能な試験は、いずれも別途申し込み・受験料が必要です。

オンライン受験のものもありますが、制限時間が設定された本格的な試験ですので、試験らしい試験が苦になる方の場合は、通信講座&在宅受験のセットのものを選ぶのがベターですよ!

まとめ

今回は、ハーブに関する講座・資格について紹介しました!

ネットで調べられる範囲でも、たくさんの種類の資格があることがわかりました。

ハーブに関する団体が認定しているものがほとんどです。

目的に合わせて取得する資格・受講する講座を選択しましょう。

いずれもスクールに通わず独学で学ぶことができるものですが、「一人で勉強を進めるのは自信がない…」「忙しくて試験を受けに行く暇がない…」という状況の方は、通信講座で学び、在宅で受験できるものを選ぶと安心です。

今回紹介した4つの通信講座&在宅受験の資格は、ハーブ初心者でも問題なく学べる内容のものです。

資格名講座名テキスト試験価格(税込)
メディカルハーブセラピストキャリカレ冊子・映像在宅48,400円
スパイス&ハーブコンサルタントフォーミーWEBWEB34,100円
ハーブプロフェッショナルラーキャリ冊子在宅49,500円
ハーブインストラクター資格・メディカルハーブカウンセラー資格SARAスクール冊子なし79,800円

どの資格を狙おうかとお悩みの方は、これらの通信講座を利用して資格取得を目指すのがおすすめですよ!

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください