日本茶の資格

日本茶資格4種類の特徴まとめ・独学におすすめの通信講座も解説

日本茶が好きで、お客さんが来たときは張り切って淹れちゃう!
緑茶をもっと楽しみたいけど、どこで学んだらいいんだろう?

という方におすすめなのが、日本茶についての資格。

お茶全般やハーブティーについての資格は多くあるものの、日本茶の資格はマイナーなものがほとんどです。

ただ、いずれの資格も初心者の方でもチャレンジしやすいため、「日本茶が好き!」という気持ちがあれば問題なく取得できますよ!

今回は、日本茶・緑茶の資格、おすすめの通信講座について紹介していきます。

日本茶の資格にはどのようなものがあるの?

まずは、日本茶についての資格・検定にはどんなものがあるのか紹介していきます。

日本茶セレクター資格

日本安全食料料理協会が主宰する資格で、その名の通り日本茶の基礎的な知識を有していることを証明する資格です。

日本茶の歴史から栽培方法、良質な茶葉の見分け方や淹れ方まで、日本茶についてうんちくを語ることができる人材に与えられる資格。

SARAスクールという通信講座で学習・資格取得までストレートで進むことができるため、初心者でもチャレンジしやすい資格の1つです。

緑茶インストラクター資格

日本インストラクター技術協会が主宰する緑茶の資格。

緑茶の知識はもちろん、茶道具の種類や使い方まで、伝統的な緑茶の淹れ方について学んだ方に与えられる資格です。

お茶自体の淹れ方だけでなく、緑茶を使用した料理レシピなどについても問われ、生活に緑茶を取り入れていく手法を幅広く学ぶ必要があります。

こちらも日本茶セレクター資格と同時に通信講座「SARAスクール」の講座で取得することができるため、初心者におすすめの資格です。

日本茶スペシャリスト資格

一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する日本茶の資格で、日本茶について製造工程から茶葉の分類、美味しい淹れ方など日本茶についてとことん学んだ方に与えられる資格です。

自宅をサロンにしたレッスンや、お茶教室などのプチ起業におすすめの資格で、副業としても活かすことができる知識が得られます。

通信講座のフォーミーからしか取得することができませんが、初心者の方でも無理なく学んで取得することができますので、興味がある方なら気軽にチャレンジすることができますよ!

NPO法人日本茶インストラクター協会主催の資格

日本茶インストラクター協会という、日本茶についての資格を認定している機関があります。

資格は熟練度順に3つ存在し、最高の資格は「日本茶マスター」で、こちらは実務経験を必要とする難易度が高いものです。

日本茶アドバイザー

日本茶についての関心が高く、日本茶の知識レベルとしては周囲の方にアドバイスしたり、スクールの講師をサポートできる程度の方に与えられる資格。

通学や通信講座を経て、試験を受験することで資格が与えられます。

「お茶が好き」という方のための、初心者向けの資格です。

日本茶インストラクター

日本茶アドバイザーよりもさらに広く深い知識を得た方に与えられる、中級程度の日本茶についての資格。

資格を取得することで、日本茶アドバイザー保有者などの初級指導者を指導することができます。

日本茶アドバイザーの資格を持たずとも試験に挑戦することができるため、日本茶の資格を初めて取得する方でも知識に自信があればチャレンジすることができますよ。

日本茶マスター

日本茶インストラクターとして3年以上の活動を行った方に受験資格が与えられる資格です。

専門知識に加えて、実務経験も要する難しい資格。

資格取得後は上級指導者として活動することができます。

独学できる日本茶資格のおすすめ通信講座2選

6つの日本茶についての資格を紹介しましたが、やはり資格を取得するために学習して、試験を受けに出向くのはお忙しい方にとっては難しいもの。

そこで、在宅で簡単に学べるおすすめの通信講座を紹介していきます!

資格名講座名テキスト試験価格(税込)
SARAスクール日本茶セレクター

緑茶インストラクター

冊子無試験

(※プラチナコース)

79,800円

(※プラチナコース)

フォーミー日本茶スペシャリストスマホスマホ28,600円

「日本茶セレクター資格」「緑茶インストラクター資格」が取得できる「SARAスクール」

SARAスクールには1つの通信講座で2つの日本茶についての資格が取得できる、日本茶についてのコースが存在します。

初心者でも楽しく学べるように工夫されており、「勉強なんて学生以来で不安…」という方におすすめです。

1つの講座で2つの資格取得可能

「SARAスクール」の日本茶講座では、1日30分の学習を行ったらおよそ半年間で2つの資格取得まで進むことができます。

カリキュラムも講座ごとに分かれているわけではなく、一本道で進んでいくのが特徴。

幅広く学んでいくことで、方向性の違う2つの資格を無理なく取得することができます。

添削課題も受講中5回あり、苦手なところのフォローをしてくれるので安心です。

学び終わった頃には、美味しいお茶の淹れ方だけでなく、お茶菓子の選び方やお茶を使用した料理にまで知識が深まっていることでしょう。

プラチナコースなら無試験!

「SARAスクール」の講座全体に言えることなのですが、基本的に資格取得のための講座は以下の2種類のコースに分かれています。

  • 基本コース:講座のみで試験は各協会に別途申し込み・受験
  • プラチナコース:講座受講後に資格を自動取得

プラチナコースは無試験で資格取得することができます。

価格は基本コースのほうが安価ですが、各協会に受験料を支払わなければならない関係上、総額で考えると基本コース・プラチナコースでそこまで金額は変わりません。

「SARAスクール」のプラチナコースは資格協会より公式認定されている講座のため、無試験が実現できています。

試験を受けるのが億劫だったり、忙しくて試験どころではない方こそプラチナコースがおすすめですよ!

「日本茶スペシャリスト資格」が取得できる「フォーミー」

もう1つのおすすめ通信講座・資格は日本茶スペシャリスト資格が取得できるフォーミー

紙のテキストとは異なる、WEBテキストで学ぶ新しい形のスクールです。

スマホで学ぶ新感覚スクール

「フォーミー」の特徴は、なんといってもスマホで閲覧するタイプのテキスト。

まるで「まとめサイト」のようなレイアウトで、初心者でもとっつきやすいのが特徴です。

自分でお茶を楽しみたい方から、日本茶の講座を開きたい方まで幅広いニーズに応えることができる資格で、カジュアルに学ぶことができる講座。

もちろんカラー画像を多く使っており、お茶が好きな方は見ていて楽しいかもしれません。

なんと資格試験もスマホで受験

「フォーミー」の講座は、テキストがスマホなら資格試験もスマホです。

在宅でも電車の中でも好きなタイミングで受験することができますし、いちいち机に向かって集中する必要もありません。

外から見たらスマホをいじっているようにしか見えないため、学生のような「勉強している感」に抵抗がある方にもおすすめできます。

まとめ

今回は、日本茶に関する資格とおすすめの通信講座について紹介しました。

日本茶は私たちの生活に密着した文化ではありますが、正しく美味しい淹れ方を知っている方は意外と少ないもの。

資格を取得することで生活を豊かにするほか、周囲の方にアドバイスもしやすくなります。

さまざまな資格がありますが、社会人や主婦の方にとって勉強する時間は惜しいですよね。

スキマ時間を使って学べる通信講座を利用するのがおすすめですよ!

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください