ハーブティーコラム

咳が止まらない!辛い咳・のどの痛みに効くハーブティーランキング5選

【イチオシダイエット茶おススメランキングbest3】
商品価格成分
1位:快糖茶 糖質カットで痩せたい人向け 1,480円/14日分 難消化性デキストリン、カテキン
2位:快調茶 割安価格でダイエット 780円/30日分 難消化性デキストリン、センノシド
3位:黒モリモリスリム 便秘と宿便解消でダイエット 380円(5日分) ゴールデンキャンドル

風邪や空気の乾燥による、辛い咳やのどの痛み。
特に冬場になると、このようなのどの不調に悩む方は多いと思います。

そんなのどの悩みにはハーブティーがおすすめ。
ハーブティーには、咳やのどの痛みに効き目を発揮するものがあります。

今回は、辛い咳やのどの痛みに効くハーブティーをオススメ順にランキングにしてみました。
咳やのどの痛みに効くのはどんな効果を持つハーブティーなのか、
そのハーブティーを飲むタイミングについてもお伝えします。

この記事では、

  • 咳やのどの痛みを鎮めるハーブティーの効果や飲むタイミング
  • 咳やのどの痛みに効くオススメハーブティー

をご紹介します。

咳やのどの痛みを鎮めるハーブティー効果とは?飲むタイミングはいつがいい?

咳やのどの痛みに最も効果があるハーブティーは、

  • 気管支のけいれんを鎮める
  • 痰を出やすくさせる
  • 菌やウイルスの増殖を防ぐ
  • のどの炎症を鎮める
  • のどの粘膜を保護する

などの働きをもっているもの。

飲むタイミングとしては、のどに違和感を感じた時風邪のひき始めに飲むといいでしょう。
風邪だけでなく、空気の乾燥による空咳が続く時などにも効果があります。

また、既に症状が現れているという場合でも手遅れではありません。
少しでも症状を和らげ、早く治すためにもハーブティーを取り入れてみてください。

辛い咳・のどの痛みに効果的なハーブティーランキング

辛い咳やのどの痛みに効き目があるおすすめのハーブティーを、1位から5位までご紹介します。

第1位 マレインティー

マレインは、古代から「呼吸器の不調を改善するハーブ」として利用されてきました。

マレインティーには、気管支のけいれんを鎮めて咳を止め、のどの炎症を抑えるという効能があります。
風邪による咳やのどの痛みはもちろん、喘息や気管支炎といった辛い症状の改善
更に、空気の乾燥・タバコの煙・声枯れなどが原因ののど荒れにも効果があります。

他の目的ではほとんど利用されないほど、呼吸器の不調改善に特化したハーブです。

  • 副作用
    マレインの種子には、ロテノンなどの有毒成分が含まれている為、絶対に使用しないようにしましょう。マレインティー自体には副作用はありませんが、以下に当てはまる方はご注意ください。

    • 妊娠中、授乳中の方
    • 12歳以下のお子様
  • 飲む際の注意点
    マレインの葉には細かい毛が生えています。
    この毛がお茶を淹れる時に混入してしまうと、飲む際にのどを刺激して不快感に繋がってしまいます。せっかくのお茶が台無しにならないよう、マレインティーを淹れる際はペーパーフィルターで濾すことをオススメします。
  • 味や香り
    マレインティーは、ほのかに甘い香りと烏龍茶に似た味わいで、比較的クセの少ないハーブティーです。
マレインティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法マレインは和名「ビロードモウズイカ」と言います。 南ヨーロッパ〜東アジア〜北アフリカ原産、ゴマノハグサ科モウズイカ属の二年草です。 ...

第2位 ワイルドチェリーティー

「咳止めの特効薬」として知られているのがワイルドチェリーティー。

咳の原因となる気管支のけいれんを抑える働きと痰を取り除く効果で、根本から咳を止めることが出来ます
中でも特に刺激性・神経性の咳に効果あり

その他、ワイルドチェリーティーの鎮静作用は、風邪やインフルエンザに効くとされています。

  • 副作用
    眠気を催すことがあるので、車の運転前などは飲用を控えてください。急性感染症にかかった方は飲むのを止めましょう。

    ワイルドチェリーティーの鎮静成分である青酸は、多量摂取すると毒性を持つという危険性があります。
    必ず適量を守って飲むようにしてください。

    その他、妊娠中・授乳中の方もご注意ください。

  • 味や香り
    ワイルドチェリーティーは、生姜のような香りと強烈な苦味があるのが特徴。飲む際はブレンドティーにしたり、はちみつを加えるのがオススメです。

第3位 タイムティー

ハーブの中でナンバー1の殺菌力を誇るタイム

チモールなどの芳香成分が持つ強力な抗菌・殺菌作用により、体内の菌やウイルスの増殖を防止。
苦味成分であるサポニンは痰を出やすくさせ、咳を鎮める働きを持っています。
これらの効能から、タイムティーは特に「風邪による咳やのどの痛み」に絶大な効果を発揮します。

日常的にタイムティーでうがいをしておくと、風邪やインフルエンザの予防にも繋がるのでオススメですよ。

  • 副作用
    タイムティーには注意すべき副作用はありません。ただ、血圧を下げる効果を持っているので、高血圧の方は避けた方がいいとされています。

    また、妊娠中・授乳中の方の飲用は安全性が確認されていないのでご注意ください。

  • 味や香り
    タイムティーは、スパイシーで刺激的な香りを持っています。
    味はほろ苦くすっきり。
    飲みにくい場合ははちみつを足してみましょう。
タイムティーの味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? タイムは、「風邪やインフルエンザなどの感染症を予防する」効果のあるハーブです。 タイムは、シソ科イブキジャコウソウ属の350種...

第4位 マーシュマロウティー

お菓子のマシュマロの由来となったことで知られる、マーシュマロウ
マロウと名がつくハーブは沢山存在しますが、マーシュマロウはその中でも高い薬効を持っています。

マーシュマロウには粘膜を保護する働きがある粘液質が豊富に含まれています。
この粘液質が、荒れたのどの粘膜を保護して痛みを和らげます。
咳を鎮める効果もあり、気管支炎などの症状緩和にも役立つとされています。

胃腸の粘膜も保護するため、便秘・下痢・胃炎などの消化器の不調改善効果も期待出来ます。

  • 副作用
    マーシュマロウティーには副作用はありませんが、薬の吸収を妨げてしまう働きがあるので注意が必要です。薬を服用する場合は、2時間ほど時間を空けるようにするといいでしょう。
  • 味や香り
    多くの粘液質を含んでいる為、とろみがあるのが特徴。
    香りはほとんどなく、ほんのりと甘い味がします。
マーシュマロウティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法マーシュマロウという、粘膜の保護に役立つハーブをご紹介します。 マーシュマロウは和名「ウスベニタチアオイ」といい、地中海沿岸部原産...

第5位 コモンマロウティー

色の変化を楽しめることで有名なコモンマロウティー。

コモンマロウティーに多く含まれている粘液質は、のどの粘膜を保護して修復する働きがあります。
その働きにより、空気の乾燥やタバコの煙で荒れた、のどの痛みやイガイガ感などの解消に繋がります。

痰を取り除く作用もあるので、咳や気管支炎などの症状を和らげる効果も期待出来ます。

その他、アントシアニンが含まれている為、疲れ目や視力改善に役立つとも言われています。

  • 副作用
    副作用はありません。ただしコモンマロウティーには、薬の吸収を妨げてしまう粘液質が含まれています。
    薬を服用する前後は飲用を控えましょう。また、妊娠中・授乳中の方への安全性は確認されていないので、心配な方は医師に相談しましょう。
  • 味や香り
    ほんのりと花の香りが香る程度で、ほとんど味はありません。
    美味しく飲むには、他のハーブとブレンドしたり、はちみつを入れてみましょう。

まとめ

辛い咳やのどの痛みに効くハーブティーについてまとめます。

咳やのどの痛みに効くハーブティーは、

  • 気管支のけいれんを鎮める
  • 痰を出やすくさせる
  • 菌やウイルスの増殖を防ぐ
  • のどの炎症を鎮める
  • のどの粘膜を保護する

などの効能を持ったものが効果的。

飲むタイミングは、のどに違和感を感じた時や風邪のひき始めなど。
なるべく早めに取り入れること。

辛い咳やのどの痛みに効果的なハーブティーは、

  • 1位…マレインティー
  • 2位…ワイルドチェリーティー
  • 3位…タイムティー
  • 4位…マーシュマロウティー
  • 5位…コモンマロウティー

です。

今回は、咳やのどの痛みに効果を発揮するハーブティーの中で、トップクラスのものをランキングでご紹介させていただきました。

咳やのどの痛みに悩んでいる方は、是非その優れた効能を取り入れてみて下さいね。

【イチオシダイエット茶おススメランキングbest3】
商品価格成分
1位:快糖茶 糖質カットで痩せたい人向け 1,480円/14日分 難消化性デキストリン、カテキン
2位:快調茶 割安価格でダイエット 780円/30日分 難消化性デキストリン、センノシド
3位:黒モリモリスリム 便秘と宿便解消でダイエット 380円(5日分) ゴールデンキャンドル

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください