ハーブティーコラム

ハーブティーは毎日飲んでも大丈夫?体に優しい飲むペースとは


ハーブティーはいろいろな効果効能があるけど毎日飲んでも大丈夫なのかな…と考えたことはありませんか?

ハーブティーは、味も種類も豊富で効果もそれぞれ違います。

その効果は、薬などのように飲んですぐに効果が発揮されるものは少なく、少しずつゆっくりと効果を発揮するものがほとんどです。ハーブティーを美味しく飲んで、その効果を健康や美容に役立たせてみたいですね。

ここではハーブティーの飲み方やペースについて説明していきます。

ハーブティーの効果の現れ方

ハーブティーは毎日飲むことでゆっくりと効果を発揮するものがほとんどです。

温かいハーブティーを飲むと体が温まったり、ハーブティーの香りでホッと落ち着いたりと一時的な変化はあります。しかし、花粉症などのアレルギーを抑えたり、肌をきれいにしたりなどのほとんどの効果は毎日飲むことで体をゆっくりと変化させて発揮されるものになります。

薬より弱い効果であるとはいえ、ハーブは薬理効果があるものです。

ハーブの中には、長期間、飲むには適さないハーブティーもあります。
ただ、このようなハーブティーは少しの間、飲まない期間を入れると再び飲んでも大丈夫な状態になるので飲み方に気を付ければ問題はありません。

ハーブティーは種類も豊富で効果もいろいろあります。せっかくならば、水分摂取の代わりに飲んで美容や健康のためにハーブティーの効果を発揮させていきたいですね。

一日の理想のハーブティーを飲む量

ハーブティーはいろいろな効果効能があります。
ただ、がぶ飲みしてたくさんの量のハーブティーを飲めば飲むほど効果が強く出るものではなく、適切な量を飲むことで効果が発揮されます
ハーブティーの種類や効果にもよりますが…

一日500~1000ml、コップ3~4杯ほどを一日のうちに数回に分けて飲むのが良いです。

作用が強いハーブであれば、一日1杯ほどが適量です。

また、同じハーブティーばかりを大量に飲むと体のバランスに偏りが出てきます。
せっかく色々な種類のハーブティーがあるのですから色々試してみて、好きな香りや味のハーブティーを何日かおきに飲むのもよいです。

慣れないハーブティーは、急に一日3~4杯も飲むのはしんどい場合は、コップ1杯からでいいので普段飲んでいるお茶の代わりに飲んでみて試してみるとよいですね。

長期間飲むのは注意した方がいい
ハーブティー

ハーブティーには、長期間飲み続けるのは、気を付けた方がいいものがあります。
ここでは、長期間摂取には向かないハーブを紹介します。

ローズマリー

抗殺菌作用やリラックス効果、集中力アップなど様々な効果があり、ハーブティー以外にも食事などにも使われることのあるハーブです。また、ケトン類という成分が含まれており、適切量であれば去痰作用や筋肉を緩めリラックスさせる効果があります。

しかし、摂取しすぎるとしびれや痙攣発作などの副作用が出ることがあります。また、このケトン類は体の中から排出するには少し時間がかかるため毎日飲み続けると体に蓄積されていき悪影響を及ぼす可能性があります。

ローズマリー茶の効果・効能 味や美味しくなる淹れ方もチェックhttps://youtu.be/L-BtlyN1i68 ローズマリーティーは『美容のハーブ』『若返りのハーブ』とも呼ばれ、アンチ...

ホーソン

強い強心作用をもち、心疾患の改善に良いとされるハーブです。

しかし、作用が強いため安全性が確認されているのは短期間のみです。心臓に作用する面をかんがえても長期間飲むのは、避けた方がいいです。

ホーソンティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法 ホーソンは、心臓の働きを高めてくれる効果があるハーブです。 ホーソンは、ヨーロッパや北アフリカ原産のバラ科の植物です。 北半...

セージ

強い殺菌作用や消化促進作用などがあるハーブです。

長期間摂取や一日の摂取量以上を飲まないようにしましょう。セージには、ツジョンという成分を含み神経系に影響を与える可能性があります。嘔吐やめまいなど体に悪影響を起こす可能性があります。

一日4~6gで、3週間以上の連続使用は避けた方がいいです。

セージティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法も徹底解説!セージはラテン語で「救う」という意味を持つ「サルワーレ(salvare)」が語源とされています。 中国やペルシャでは「庭にセージを...

この他にいくつか長期間飲むのはやめておいた方がいいハーブがあります。他にもアレルギーや飲んでいる薬の種類によってはハーブティーの作用と合わないものもあります。自分の体に合ったものを探して飲むようにしましょう。

まとめ

  • 飲んですぐ効果の出る一時的なものがあるが、ほとんどは体をゆっくりと変化させて発揮される
  • 長期間、飲むには適さないハーブティーもある
  • 長期間摂取に注意が必要なハーブティーは少しの間、飲まない期間を入れると問題ない
  • 飲めば飲むほど効果が強く出るものではなく、適切な量を飲むことで効果が発揮される
  • 一日500~1000ml、コップ3~4杯ほどを一日のうちに数回に分けて飲む
  • 作用が強いハーブであれば、一日1杯ほどが適量
  • 同じハーブティーばかり飲むのではなく、好きな香りや味のものを何日かおきに飲むと良い
  • 長期間摂取に向かないハーブは、ローズマリー、ホーソン、セイジなど
  • アレルギーや内服薬によっても体に合わないハーブがあるので注意が必要

ハーブティーは、長期摂取に向いていないものありますが、量や期間などに気を付けていれば毎日飲んでも大丈夫です。種類はいろいろあるので、何日か起きに変えてみていろいろなハーブティーを試すのも楽しいかもしれませんね。

QRコード読み取りでも登録できるよ!

【イチオシダイエット茶おススメランキングbest3】
商品価格成分
1位:黒モリモリスリム 便秘と宿便解消でダイエット 380円 ゴールデンキャンドル
2位:快糖茶 糖質カットで痩せたい人向け 1,480円 難消化性デキストリン、カテキン
3位:快調茶 割安価格でダイエット 780円 難消化性デキストリン、センノシド
注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください