ハーブティー図鑑

ローズマリーティーの効果・効能や味とは?正しい作り方やオススメ入手法も徹底解説!


ローズマリーとは地中海沿岸地方を原産地とするシソ科マンネンロウ属の常緑低木です。

和名はマンネンロウ(万年郎)と言い、針のような細く長い葉に青みがかった花を咲かせるのが特徴です。

他にもローズマリーは精油成分を多く含む樹脂を分泌しているので、葉に触れるだけで樟脳のような香りがするという特徴があります。

またローズマリーは細胞の老化を防止する働きに優れていることから「若返りのハーブ」とも呼ばれています。

肉の臭み取りや魚料理、パンを作る際などに香辛料やハーブスパイスとして使われていることが多いので日本でも知っている人が多いのではないでしょうか。

ローズマリーティーは甘くほろ苦いスパイシーな香りに、すっきりとした味のハーブティーです。

今回は、

  • ローズマリーティーの効果・効能について
  • 正しい飲み方・オススメ入手法

について徹底的に解説致します。

ローズマリーティーの効果・効能


ローズマリーティーの主成分は以下の4つです。名前と主な効果を下にまとめました。

成分名効果・効能
ジオスミン抗酸化作用、抗炎症作用、駆風作用
カルノシン酸抗酸化作用、抗菌作用、解毒作用
ロスマリン酸抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用、抗ウイルス作用
1.8-シネオール去痰作用、血行促進作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、収れん作用、抗炎症作用

ジオスミン

この成分は、ポリフェノールの一種です。

  • 血管を保護・強化する
  • 血行不良の改善
  • 冷え性やむくみの緩和
  • 胆汁の分泌を促進する
  • 食欲増進
  • 消化不良の改善
  • 動脈硬化予防

という効果が期待されています。

カルノシン酸

この成分は、ローズマリーに含まれる香り成分です。

  • 脳の神経を休める
  • 脳内ストレスを低下させ、記憶力を向上させる
  • 脳神経細胞の保護
  • 脳内環境の維持
  • 経度のアルツハイマー症状の緩和
  • デトックス
  • 口臭予防

という効果が期待されています。

ロスマリン酸

ロスマリン酸は、ポリフェノールの一種で、タンニンにも似た作用をもつ天然の抗酸化物質です。
この成分はローズマリーから発見されました。

  • 脳を酸化ストレスから守る
  • 認知症を防ぐ
  • 集中力・記憶力の向上
  • うつ症状・不安を軽くする・ヒスタミンの過剰分泌を抑制する
  • 花粉症やアレルギー症状の緩和
  • アンチエイジング
  • 生活習慣病の予防
  • 血流改善
  • 新陳代謝のアップ
  • 免疫力を向上させる

という効果が期待されています。

1.8-シネオール

この成分は、精油の一種です。

  • リフェレッシュ効果
  • 集中力・記憶力の向上
  • 呼吸器系の不調の緩和
  • 筋肉疲労やリウマチの症状の緩和
  • 神経痛の緩和
  • 皮膚をひきしめる
  • ニキビのケア
  • 冷え性や肩こり、頭痛の緩和
  • 風邪などの感染症予防
  • 便秘の改善
  • 消化器系トラブルの改善

という効果が期待されています。

ローズマリーティーの副作用について


血液の循環をよくし血圧を上昇させる作用があるので、妊娠中や授乳中・高血圧・てんかん持ちの方は摂取を避けて下さい。

刺激が強いハーブなので、乳幼児も摂取を避けて下さい。

胃潰瘍や潰瘍性大腸炎の方も摂取を避けて下さい。

まれに激しい吐き気や筋肉の痙攣、意識混濁などの症状を引き起こす場合があるので、過剰摂取は絶対にしないで下さい。

体に違和感がある際は無理に使用せず、すぐに摂取をやめて下さい。

ローズマリーティーの味と香りについて


ローズマリーティーは甘くほろ苦いスパイシーな独特の香りがします。

味は少し苦味もありますがスッキリとした味わいです。

香りが気になり飲みにくいという方はハチミツを加えると少し飲みやすくなります。

単体で飲むよりはブレンドティー向きのハーブティーです。

【新情報】
ローズマリーを配合した飲みやすいブレンドティー「フルデルティー」が新しく発売されました。

たった500円から始められるとても美味しいおススメの美容健康ハーブティーです^^

口コミなどをまとめてみたのでぜひ読んでみてください。

【フルデルティーの口コミと評判 最安値で購入できるお店や解約方法も教えます! 美のエキスパートであるエステティックサロンと、製薬会社が共同開発した、綺麗で健康になれる美容健康茶『フルデルティー』 13種配合さ...

ローズマリーティーを美味しく飲む方法と作り方


ローズマリーティーを美味しく飲むための方法についてお話します。

基本の作り方:生のローズマリーを使う場合

温めたティーポットに水洗いしたローズマリーの枝を5cm程入れ、熱湯を入れる。3~5分程蒸らせば完成です。

基本の作り方:乾燥したローズマリーを使う場合

温めたティーポットにローズマリーティーをティースプーンに1杯入れる。熱湯を注ぎ3~5分蒸らせば完成です。

*生のローズマリーを使う方が香りも苦味も少ないので、初めて飲む方は生のローズマリーを使って作ることをオススメします。

オススメブレンドティー

ペパーミントティーペパーミントとブレンドするとスッキリとした清涼感ある味になります。脂っこい食事の後に飲むと口の中がさっぱりします。
「リフレッシュ効果」や「口臭予防」、「胃腸の調子を整える」、「アレルギー症状の緩和」に効果が期待されています。
レモンバーベナティーレモンバーベナの爽やかなレモンのような香りがローズマリーの香りを和らげるので飲みやすくなります。
「消化促進」や「食欲増進」、「リフレッシュ」に効果が期待されています。
+タイムティータイムティーとブレンドすると、ピリっとしたスパイシーな風味が加わります。
「風邪などの感染症予防」や「気管支系の不調の改善」、「疲労の回復」に効果が期待されています。
オレンジピールオレンジピールの爽やかな柑橘系の香りとほんのりとした甘味が加わるので飲みやすくなります。
「消化不良の改善」や「リラックス」に効果が期待されています。/td>

ローズマリーティーに合うお菓子・食事


ローズマリーティーのお茶菓子には「黒ゴマ団子」がオススメです。

ゴマに含まれているセサミンにも抗酸化作用が含まれているので、老化予防や美肌に効果的です。

食事の際は「肉料理」がオススメです。

口の中の肉臭さを消してくれるのでさっぱりと飲むことができます。

ローズマリーを使ったジャーマンポテト

(手順)

  1. じゃがいもを一口大に乱切りし、水にさらし串が刺さるくらいの柔らかさになるまで茹でる
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ炒め揚げにする
  3. じゃがいもに焼き目がついたら1cm幅に切ったベーコンを加え、塩コショウを入れ炒める
  4. ベーコンがカリッとしたら、ローズマリーの葉をちぎって加え軽く炒める
  5. 香りがじゃがいもやベーコンに移ったら完成です

ローズマリーティーのオススメ入手法と買い方


ローズマリーティーは乾燥した物の場合はハーブティーの専門店で購入することをオススメします。
生のローズマリーが必要な場合はスーパーに行けば野菜コーナーで販売されていることが多いので購入することができます。



ローズマリーティー単体の販売で20g~1kgと好きな量を購入することができます。
また様々なハーブとブレンドしたブレンドティーも販売されているので初めて飲む方にはオススメです。

まとめ

ローズマリーティーの要点
  • 抗酸化物質を豊富に含んでいるので老化防止に効果的
  • 血管の保護・強化
  • 生活習慣病の予防
  • リフレッシュ効果
  • 記憶力や集中力のアップ
  • 冷え性やむくみの改善
  • 新陳代謝の向上
  • 風邪予防
  • 呼吸器系トラブルの改善
  • アレルギー症状の緩和
  • 疲労回復
  • 妊娠中・授乳中・高血圧・てんかんの方・乳幼児は摂取を控える
  • まれに激しい副作用が出るので過剰摂取は絶対にしない

ローズマリーティーは甘さと苦さを兼ね備えたスパイシーな香りのハーブティーです。
独特な香りなので、自分の好みのブレンドを見付けると飲みやすいです。

個人的には、ハチミツとたっぷりの牛乳を加えて飲むのがまろやかな味になりオススメです。

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください