ハーブティーコラム

サラシア茶の選び方とおすすめランキング8選


サラシア茶は血糖値の改善に役立つほか、ダイエットやお通じ対策としても愛飲される、人気急上昇中のお茶です。

ところが、いざサラシア茶を選ぶとなると心配事も出てきます。
「あまりに飲みにくかったらどうしよう」
「商品の何をチェックしたら良い?」

そこで今回は、サラシア茶ビギナーのためにサラシア茶の選び方を深掘り解説。
この記事では、

  • サラシア茶の選び方
  • サラシア茶おすすめランキング8選

についてご紹介します。
賢く選んで体の中からスッキリキレイを目指しましょう!

サラシア茶の効果・効能や味などを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい。

サラシア茶の味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? サラシアは、「糖の吸収を抑え、血糖値を改善する」効果のあるハーブです。 糖尿病の予防・改善効果も期待出来ます。 サラシア茶...

サラシア茶の賢い選び方

一口にサラシア茶と言っても色々な種類があります。
ここではサラシア茶の選び方のポイントをお伝えします。

まずは品種と産地をチェック!

日本で流通しているサラシア茶は大きく分けて2つの品種があります。

<サラシア レティキュラータ>

サラシア レティキュラータはハイクオリティーな品種として知られ、高い効果・効能が期待できるとされています。
産地は主にスリランカ産とインド産。

特にスリランカ産は「コタラヒムブツ(神からの恵み)」と呼ばれ、古くから民間薬として用いられてきた伝統品です。

スリランカ政府は、この伝統ある植物の乱獲を防ぐため輸出を制限。
国をあげてコタラヒムブツを守り育ててきた歴史があります。
安定の品質を誇りますが、希少なため高価なものとなっています。

<サラシア オブロンガ>

インドではサラシア オブロンガという品種も多く栽培されています。
広大な生産地を持ちリーズナブルに入手可能である一方、有効成分などの品質が産地によって左右されるといった面があるようです。ちなみに産地はインドのほかベトナム産やタイ産などもあります。

かと言ってオブロンガだから良くない、ということではありません。
しっかりとした商品説明があるか、信頼できるメーカーかどうかをよく確認し、品種と産地について納得された上でお選び頂くことが大切です。

シングル茶で勝負?ブレンドで飲みやすさ重視?

サラシア茶はサラシア100%のものと、他の健康茶とのブレンドティーが両方販売されています。

<サラシア100%ティー>
サラシアの有効成分をできるだけ効率的に摂りたいならこちらのシングル茶です。
血糖値やぽっこりお腹にサラシアが集中アタック。

ただし、大地を思わせる土の香りがあり好みが分かれますのでご注意を。
100%ティーを購入しておいて、その後でお好みのお茶とブレンドするのも1つの方法です。

<ブレンドティー>
こちらは他の健康茶とのブレンドタイプ。
ブレンドのメリットは、口当たりが断然良くなること。

それから別の茶葉がプラスされることで効能面で複合的に働くこと。
「私はブレンドティーでトータルケアしたい」という方はこちらです。

ティーバッグか粉末タイプで選ぶ

サラシア茶の多くはティーバッグのタイプ
それから粉末(パウダー)タイプもあります。

あとはティーバッグに入っていないリーフタイプの商品もありますが、わずかですのでここでの説明は割愛します。

<ティーバッグタイプ>
サラシア茶の主流と言えばこちら。
それから前項でブレンドティーを選ばれた方も必然的にこちらになります。

ティーバッグにはさらに煮出し・水出し・お湯出し(急須)などのタイプがありますので、ライフスタイルに合わせてお選び下さい。

<粉末タイプ>
粉末タイプはお手軽なのが最大の魅力
マイボトルやマグカップに入れてお湯で溶かすだけで手作り健康茶の完成。

職場のデスクに常備しても便利ですね。
あるいは他の健康茶にちょい足し、と言った使い方もできますよ。

最初はなるべくお試しサイズで

サラシア茶を入手される際、最初はなるべくお試しサイズなどの少なめパックがおすすめ。

サラシア茶は明らかに飲みにくいというほどではないものの、それなりにクセもあるためです。
それに商品によっても風味には多少違いがあります。

「沢山買ったはいいが、どうしても口に合わない」
大量に放置、なんてことになると一番もったいないですからね。

サラシア茶おすすめランキング8選

ではおすすめのサラシア茶をランキング形式で8点ご紹介します。
上記でご紹介しました選び方を参考に、あなたにぴったりのサラシア茶を見つけてみて下さい!

1位:小川生薬 サラシア茶

(引用:小川生薬公式ネットショップ楽天市場店ーサラシア茶

インド産サラシア レティキュラータ使用の100%サラシア茶。
煮出し・お湯出しのティーバッグタイプ。

優れた焙煎技術で飲みやすく仕上がっており、楽天でのレビュー300件以上、星4つという実績の持ち主です。
100年近く生薬と向き合い実績を積み上げてきた老舗の信頼もあり、1位とさせて頂きました。

2位:森のこかげ サラシア茶

インド産サラシア レティキュラータ使用の100%サラシア茶。
煮出し・お湯出しのティーバッグタイプ。

価格や品質、飲み口など全体的なバランスの良い、お求めやすい商品ということで2位となりました。
「体質に合うかも分からないから、まずはオーソドックスなもので試したい」
という方にぴったりです。


3位:生活の木 私の30日茶 軽やかサラシアブレンド

インド産サラシア オブロンガ使用のブレンドティー。
お湯出しティーバッグタイプ。

美味しく飲めるから30日間続けられて、体も嬉しい。
ハーブ業界リーディングカンパニー、生活の木が提案する「私の30日茶」シリーズです。
マテのお茶風味をベースに何と18種類ものハーブをブレンド。
ほのかにスパイシーで、飲みやすさは他を圧倒しています。


4位:クオルセレクト サラシアエキス粉末10倍濃縮

スリランカ産サラシア レティキュラータ使用の100%サラシア粉末。
水またはお湯で溶かすタイプ。

10倍濃縮エキス粉末になっており、ほんの少しで1杯のお茶が出来上がるためかなり経済的。
本品1袋で、湯のみ約200~250杯分に相当します。
粉末タイプの商品をお探しの方にはこちらがおすすめ。


5位:山本漢方 お徳用減肥茶

サラシア オブロンガ(産地表記なし)使用のブレンドティーです。
煮出し・お湯出し・水出しのティーバッグタイプ。

サラシアのほかギムネマ・シルベスタなど10種類のダイエット素材をブレンドしました。
ハトムギがベースなのでとても飲みやすい仕上がりです。

「美味しくて安い」「体の調子が良くなる」との口コミも多数。
個人的には水出しOKなのが扱いやすくて嬉しいですね。


6位:コタラの葉で作ったサラシア茶

スリランカ産サラシア レティキュラータ使用の100%サラシア茶。
煮出しティーバッグタイプ。

セイロン島の島国で育ったコタラヒムブツには独特の力がある。
そんな信念のもとスリランカ産にこだわって作られた本格派。
通常サラシアといえば幹や根を使うのが一般的ですが、こちらの商品は葉を使っておりすっきりとした味わいが特徴です。


7位:ハーブ研究所 なでしこサラシア茶plus

インド産サラシア オブロンガ使用のブレンドティー。
煮出し・お湯出しのティーバッグタイプ。

ブレンドはシンプルにサラシア、ハトムギ、そして高い抗酸化力で人気のルイボスの3種類を使用しています。
美味しさにこだわった絶妙な配合で、「これなら続けられる!」との口コミも。
3コインで買えるお試しパックもあるので、まずは味をみてみては。


8位:ヴィーナース サラシア茶

インド産サラシア レティキュラータ使用の100%サラシア茶。
煮出し・お湯出しのティーバッグタイプ。

高品質とされるレティキュラータを使用していますが、味に関しては大丈夫な人と「ちょっと厳しい」という人で大きく分かれています。
そこでおすすめなのは、煮出しではなく急須でのお湯出し。
飲み慣れたお茶とブレンドするなど皆さん工夫されているようですよ。


サラシア茶の選び方まとめ

今回は、サラシア茶の選び方とおすすめのサラシア茶ランキングについてお伝えしてきました。

改めて、前半でお伝えしたサラシア茶の選び方をおさらいしておきましょう。

  • サラシア レティキュラータは高品質
  • 中でも特にスリランカ産のコタラヒムブツは希少価値が高い
  • サラシア オブロンガはリーズナブル
  • サラシア1本で勝負か、ブレンド茶でトータルケアか
  • ティーバッグか粉末タイプで使いやすい方を選ぶ
  • 初めての商品はお試しサイズが吉

いくら優れたお茶であっても、ある程度続けてみないことには効き目はなかなか分かりづらいもの。
そう考えると、やはりお茶の風味というものは無視できませんね。

あとはお財布とも相談して無理のないサラシア習慣、始めてみませんか。


↑☆鼻水・花粉症の悩みにおススメ↑
お茶ラボ、line始めました!

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください