ハーブティーコラム

アンチエイジングに効果的なハーブティーランキング5選


アンチエイジングと言えば、美肌やデトックスなど美容でよく使われる言葉ですね。
でも、アンチエイジングについてきちんと理解をしていますか?

アンチエイジングとはあくまで「老化を遅らせる」こと。
老化によって起こりうる病気や症状を予防することを指します。

「いつまでも若々しく、健康でいたい!」
「健康的な肌でありたい!」
と願う方には、ハーブティーを毎日取り入れることがおすすめです。

今回は、特にアンチエイジングに効果的なハーブティーをおすすめ順にランキングでご紹介します。

この記事では、

  • アンチエイジングについて
  • アンチエイジング効果があるハーブティーの成分
  • アンチエイジングに効果的なハーブティーランキング

をお伝えします。

アンチエイジングとは?


まずは「アンチエイジング」について正しい情報を知っておきましょう。

アンチエイジングとは、ずばり「老化防止」のこと。
正確にいうと老化のスピードを遅らせることです。

アンチエイジング=美容、のイメージが強かった人も多いはず。
でも、老化を予防することは様々な病気の予防にもなり、心身の健康維持に繋がります。
アンチエイジングは健康に長生きするための秘訣ともいえますね。

そんなアンチエイジングの為には、

  • バランスの整った食生活
  • 適度な運動
  • 質の良い睡眠

この3つが欠かせません。

このうち、食生活の面でハーブティーが役立ちます。

体の老化の原因の一つとなっているのが、体内で発生する「活性酸素」。
活性酸素は、生活習慣の乱れやストレス、大気汚染、紫外線などが原因となり発生します。
そして活性酸素が増えることで細胞が酸化し、体をどんどん老化させていってしまうのです。

しかし、体に抗酸化成分を取り入れれば、活性酸素を除去して老化を防ぐことが可能。
ですので、アンチエイジングを目指すなら、抗酸化作用のあるハーブティーを継続的に摂取していきましょう。

もちろん、ハーブティーはあくまでサポート的な役割です。
バランスのいい食事、運動、睡眠が、アンチエイジングの為には必要不可欠ですよ。
健康的な生活を心がけて、アンチエイジングを実現させましょう!

アンチエイジングについて詳しくはこちら

アンチエイジングに効果的なハーブティーの成分


アンチエイジング効果が期待できるハーブティーには、共通して抗酸化作用を持つ成分が含まれています。

抗酸化成分は、活性酸素の発生を抑え体の老化を防ぐ働きがあるので、アンチエイジングにとても効果的な成分です。

ハーブティーに含まれる、代表的な抗酸化成分は以下の通りです。

  • ポリフェノール(アントシアニン、イソフラボン、カテキン、タンニンなど)
  • カロテノイド(β‐カロテン、リコピン、ルテインなど)
  • ビタミン類
  • ミネラル類

これらの成分が多く含まれているハーブティーを飲むことで、より高いアンチエイジング効果が期待出来るようになりますよ。

アンチエイジングに効果あり!おすすめハーブティーランキング

アンチエイジング効果が期待できる、おすすめのハーブティーをランキングでご紹介します。

第1位 ローズマリーティー


ハーブの中でナンバー1ともいえる抗酸化力を持つことから、「若返りのハーブ」と呼ばれるローズマリー

代表成分である「ロズマリン酸」を始め、「カルノシン酸」、「ジオスミン」など豊富なポリフェノールを含んでいます。
これらのポリフェノールが持つ強力な抗酸化作用で、体内の活性酸素の発生を予防。
老化や生活習慣病から体を守り、若さと健康を保つ効果が期待出来ます。

その他にも、「ロズマリン酸」には記憶力を高める効果が認められており、認知症予防に役立つとも言われていますよ。

副作用
妊娠中・授乳中の方、高血圧やてんかんがある方は飲用を控えてください。

ローズマリー茶の効果・効能 味や美味しくなる淹れ方もチェックhttps://youtu.be/L-BtlyN1i68 ローズマリーティーは『美容のハーブ』『若返りのハーブ』とも呼ばれ、アンチ...

第2位 セージティー


セージも、ローズマリー同様トップクラスの抗酸化作用を持つハーブです。

「ロズマリン酸」や「タンニン」などのポリフェノールが体の酸化を防ぎ、若々しい健康な体を維持することが出来ます。
活性酸素が原因で起こる、生活習慣病の予防効果も期待大。

また、精油成分である「ツヨン」は女性ホルモンと似た働きをすると考えられ、女性特有の不調改善効果も期待されています。

副作用
妊娠中・授乳中の方、高血圧やてんかんなどの持病がある方は飲用を控えましょう。

また、長期間飲み続けるようなことはせずに、適度にお休み期間を設けるようにしてください。

セージティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法も徹底解説!セージはラテン語で「救う」という意味を持つ「サルワーレ(salvare)」が語源とされています。 中国やペルシャでは「庭にセージを...

第3位 ルイボスティー


妊娠中の方・子供でも飲めることや、その優れた効能から今大人気のルイボスティー

ルイボスには高い抗酸化作用を持つポリフェノールやタンニンの他、「SOD様酵素」という成分が含まれています。

もともと人間の体内に存在している、活性酸素を取り除く酵素である「SOD酵素」。
年齢を重ねると減少するSOD酵素ですが、似た作用を持つ「SOD様酵素」を取り入れることで、活性酸素による老化を予防。
様々な病気を予防するとともに、美肌効果も得ることが出来ます。

更に、「アスパラチン」というルイボス特有のポリフェノール成分には、血糖値の上昇を抑える働きもあり。
抗酸化作用と合わせて体の糖化予防効果も期待出来ます。
特にグリーンルイボスに多く含まれている成分なので、より高い効果を得たい場合はグリーンルイボスを選ぶといいでしょう。

その他に、ルイボスティーは辛いアレルギー症状に悩んでいる方にもおすすめです。

副作用
副作用はありません。
妊娠中・授乳中の方やお子さんでも安心して飲むことが出来ます。

ルイボスティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法ルイボスティーは、ダイエットやリラックス効果のあるハーブです。 不老長寿の飲み物とし、先住民たちに健康茶として飲まれてきました。 ...

第4位 ローズヒップティー


ローズヒップは、ビタミンを豊富に含むことから「ビタミンの爆弾」と呼ばれるハーブです。
ハイビスカスとのブレンドティーで見かけることも多いですね。

ビタミンCはもちろん、β-カロテンなどのカロテノイド、ビタミンPなどのポリフェノールを豊富に含んでいるローズヒップ。
美容だけでなく、アンチエイジングにも効果的です。

ビタミンCはメラニンの沈着を防いで肌を白くする他、コラーゲンを生成。
β‐カロテンは体内でビタミンAに変換され、肌荒れやニキビを予防します。
このように、ローズヒップは肌のアンチエイジングにおいて特に高い効果を発揮すると言えるでしょう。

副作用
副作用はありませんが、適量を守って飲むようにしましょう。

ローズヒップティーの気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? https://www.youtube.com/watch?v=qdoAozE_H7s&feature=youtu.be...

第5位 ハイビスカスティー


美容効果の高いハーブティーとして名前が挙げられることが多い、ハイビスカスティー
鮮やかなルビー色が特徴的ですね。

ハイビスカスティーは、豊富なビタミンCとアントシアニンなどのポリフェノールを含んでいます。
どちらも抗酸化作用を持つ成分なので、美容効果の他にアンチエイジングにも役立ちます。

更にビタミンCの美白効果や、酸味の元になっているクエン酸・リンゴ酸の新陳代謝を高める働きで、美肌効果も期待出来ますよ。

疲労回復効果もあるため、疲れた時のハーブティーとしてもおすすめです。

副作用
副作用はありません。
飲用の際は、適量を守るようにしましょう。

ハイビスカスティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法ハイビスカスティーはローゼルが原料となっています。 ハイビスカスと同じ仲間の植物で、和名はロゼルソウ。 ローゼルは食用品種で、テ...

まとめ


今回の記事についてまとめます。

アンチエイジングとは、老化を遅らせて心身の健康を長続きさせることです。
老化の原因となる活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化成分を含むハーブティーが効果を発揮してくれることでしょう。

アンチエイジングに効果的なハーブティーの代表的な成分は、

  • ポリフェノール
  • カロテノイド
  • ビタミン
  • ミネラル

など。

アンチエイジングに効果があるハーブティーは、

  • 第1位…ローズマリーティー
  • 第2位…セージティー
  • 第3位…ルイボスティー
  • 第4位…ローズヒップティー
  • 第5位…ハイビスカスティー

ハーブティーを飲んで、内側から若く健康な体に作り替えていきましょう。
もちろん、バランスのいい食事や適度な運動、十分な睡眠もアンチエイジングには欠かせないのでお忘れなく。



お茶ラボ、line始めました!

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください