ハーブティーコラム

【保存版】夏バテ対策にぴったりなハーブティーは?おすすめランキング5選!


近頃はだいぶ気温も上がってきました。もうすぐ夏本番というところですね。

真夏の暑い時期には体力を消耗しやすくなり、消化不良や食欲が落ちるなどの不調が出やすくなってしまいます。
更には疲れを翌日に持ち越したまま仕事に行くという、悪循環に……。

ハーブティーの中には、夏バテ対策にぴったりな「疲労回復」効果や「胃腸の調子を整える」効果を持っているものがあるんです。

今回は、夏バテ対策におすすめのハーブティーをランキング形式で5つご紹介します。

夏バテ対策おススメハーブティー 1位:レモングラスティー


レモングラスティーには、「食欲不振や胃腸の不調を改善する」効果が期待出来ます。

レモングラスは、タイ料理やインド料理などに使われることが多いハーブで、殺菌作用を持っています。
食欲不振や消化不良を治す働きがあるので、夏バテしている体には効果的です。

また痛み止めの効果と血流を良くする効果で、冷房によって冷えた体を元の調子にもどしてくれます
更にリラックス効果や集中力アップ効果もあり、暑さでぼうっとしている頭もすっきりさせてくれそうです。

レモングラスティーは、その名の通りレモンに似たすっきりとした香りと爽やかな味で、酸味は少ない飲みやすい味わいです。
アイスで作ることも出来る為、夏に飲むのにぴったりなハーブティーと言えます。

作用が強い為、妊娠中や授乳中は控えるべきとされているのでご注意ください。

基本の作り方

カップ一杯分のハーブティーに対し、ティースプーン大盛2~3杯のレモングラスをティーポットに入れます。

お湯を注ぎ、フタをして蒸らします。
蒸し時間は3分~5分程度です。

茶こしを通してカップに注ぎ、出来上がりです。

水出しの作り方

カップ一杯分のアイスハーブティーに対し、ティースプーン大盛4~5杯のレモングラスをポットに入れます。

3~4時間ほど置いて、十分に抽出させます。

グラスに注いで出来上がりです。

おススメ入手法

レモングラスティーは主にハーブ専門店で手に入れることが出来ます。
ご参考までに、ネット通販での取り扱いをご紹介しておきます。


夏バテ対策おススメハーブティー 2位: ペパーミントティー


ペパーミントティーは、「胃腸の消化を助ける」効果が期待出来ます。
食べ過ぎた時や飲み過ぎた時に一番効果的です。

メントールのスーッとした香りは、神経を安定させて不安や緊張を和らげてくれます。
抗菌・抗炎症作用もあり、風邪の引き始めや虫歯の痛みにも効果があると言われています。
その他にはアレルギー症状を抑える効果があるので、花粉症などに悩んでいる方は積極的に摂取したいハーブティーと言えます。

ペパーミントティーは、ミントならではのスーッとする香りと後味の残らない清涼感ある味わいが特徴です。夏にぴったりな爽やかなハーブティーと言えます。

基本の作り方

カップ一杯分のハーブティーに対し、ティースプーン一杯分のペパーミントティーをティーポットに入れます。

お湯を注ぎ、フタをして蒸らします。
3分~5分程度蒸らします。

茶こしを通してカップに注いで出来上がりです。

夏場は冷やしたペパーミントティーを飲むのもお勧めです。

おススメ入手法

ペパーミントティーは、スーパーなどでも見つけることが出来ます。
今回はご参考までに、ネット通販での取り扱いをご紹介しておきます。


ペパーミントティーの効果・効能や味とは?正しい作り方やオススメ入手法も徹底解説! ペパーミントは、シソ科ハッカ属の多年草でヨーロッパが原産です。 和名はセイヨウハッカと言い、アロマテラピーやガムなどの菓子類、...

夏バテ対策おススメハーブティー 3位: ローズヒップティー


ローズヒップティーには、「美肌」効果と「疲労回復」効果が期待出来ます。
レモンの20倍ともいわれるほど豊富なビタミンCを始め、ビタミン類が多く含まれている為「ビタミンの爆弾」とも呼ばれます。

ローズヒップに豊富に含まれるビタミンCには、「体の疲れを取る」効果がある為、夏バテ気味な体にはぴったりと言えます。
更に、美肌・美白効果やアンチエイジング効果も大きい為、女性は特に飲んでおきたいハーブティーです。

ローズヒップティーは、薄く赤に色づいたやわらかい色合いに、ローズの甘い香りと甘酸っぱい味わいが特徴です。
更に酸味の強いハイビスカスティーとブレンドされていることが多いです。

基本の作り方

カップ一杯分につき、ティースプーン1~2杯のローズヒップをティーポットに入れます。

お湯を注ぎ、フタをして蒸らします。
蒸らし時間はだいたい3~7分ほどです。

茶こしを通してカップに注いで、出来上がりです。

酸味が苦手な場合は、はちみつを加えて飲みやすくするといいでしょう。

おススメ入手法

ローズヒップはスーパーなどでも見つけることが出来ます。
ただし、ローズヒップティーはハイビスカスとブレンドされていることがかなり多いので、シングルかブレンドかを必ずチェックしてみましょう。

ローズヒップ単体のものを購入したい場合は、ハーブ専門店で手に入れることが出来ます。
ご参考までに、ネット通販での取り扱いをご紹介しておきます。


夏バテ対策おススメハーブティー 4位: ハイビスカスティー


ハイビスカスティーには、「美容」効果と「疲労回復」効果が期待出来ます。
美容に効果のあるビタミン類を多く含んでいる為、しみやしわを防ぎ肌を美しく保ってくれます。
クエン酸も含まれている為、夏の暑さで溜まった「体の疲労を取り除く」効果も期待できます。

ハイビスカスティーは、ルビーレッドと言われる鮮やかな赤色をしていて、甘い香りと酸味の強い味が特徴的です。

基本の作り方

ティーポットに小さじ1杯のハイビスカスを入れます。

お湯を注ぎ、フタをして蒸らします。
蒸らし時間は3~5分程度です。

茶こしを通してカップに注ぎ、出来上がりです。

はちみつを加えると、酸味が抑えられ飲みやすくなります。

おススメ入手法

ハイビスカスティーは、スーパーなどで売られているものはローズヒップとのブレンドが多いです。

単体で購入したい場合は、ハーブ専門店で入手することが出来ます。
ご参考までに、ネット通販での取り扱いをご紹介しておきます。


ハイビスカスティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法ハイビスカスティーはローゼルが原料となっています。 ハイビスカスと同じ仲間の植物で、和名はロゼルソウ。 ローゼルは食用品種で、テ...

夏バテ対策おススメハーブティー 5位: ブルーマロウティー(コモンマロウティー)


ブルーマロウティー(コモンマロウティー)には、「のどや胃腸の粘膜を保護して炎症を抑える」効果があります。
のどの痛みや咳が出ている時はもちろん、夏バテで胃腸の働きが弱まっている時にも効果的と言えます。
他にも疲れ目の改善やアンチエイジング効果、美肌効果が期待できます。

ブルーマロウティー(コモンマロウティー)の鮮やかで美しい青色は、夏にぴったりでとても爽やか。
ここにレモンを加えるとピンク色に変化することから、「サプライズティー」などとも呼ばれます。
水出しで作ると、鮮やかな色が長持ちするため水出しもおすすめです。
味や香りはそれほど強くなく、微かに甘みがあるクセのないハーブティーです。

基本の作り方

ティーポットに小さじ1杯分のコモンマロウを入れます。

お湯を注ぎ入れたら、フタをして蒸らします。
蒸し時間は好みもありますが、3~5分程度です。

茶こしを通して、カップに注げば出来上がりです。

もう少し味をつけたいという場合は、レモンやはちみつを加えると美味しくいただけます。

水出しの作り方

水500mlにつき、小さじ1~2杯のコモンマロウを入れます。

1~2時間置いて、十分に抽出させます。

グラスに注いで、出来上がりです。

水出しの場合は、きれいなグラデーションが作れるカルピスとのブレンドがおすすめです。

おススメ入手法

ブルーマロウ(コモンマロウ)はヨーロッパが原産のハーブなので、主に入手できるのはハーブ専門店になります。
ご参考までに、ネット通販での取り扱いをご紹介しておきます。


ブルーマロウティーの効果・効能や味は?正しい作り方やオススメ入手法 ブルーマロウティーはお茶の色が青から徐々に変化するハーブティーです。 レモン汁を加えるとピンク色に変化することもあり、「夜明けのハ...

まとめ

  • 1位:レモングラスティーは、消化不良や冷房による冷えで弱った体を治してくれる
  • 2位:ペパーミントティーは、消化を促し、すっきりした香りで精神を癒してくれる
  • 3位:ローズヒップティーは、肌を綺麗にし、体にたまった疲れを取り除いてくれる
  • 4位:ハイビスカスティーは、肌を美しく保ち、夏バテ気味の体の疲労を取り除いてくれる
  • 5位:ブルーマロウティー(コモンマロウティー)は、のどや胃腸を守って炎症を抑えてくれる

今回はランキング形式でハーブティーをご紹介しましたが、自分の体が何を欲しているかで選んでみることも大切です。

今年の夏はハーブティーを飲んで、夏バテとは無縁の元気な体で過ごしていきたいですね!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください