ハーブティーコラム

乳腺炎予防・母乳不足におすすめハーブティーランキング3選

「母乳をあげたいのにうまく母乳が出ない…すごくカチコチで痛い」と乳腺炎に悩むママ。
「完母を目指しているのに、母乳が全然でない!」と母乳不足に苦しむママ。
どちらの悩みも、すごくストレスを抱えてしまいますよね。

そのストレスのせいでさらに出にくくなる悪循環…これだけは避けたい。
乳腺炎や母乳不足の原因には色々ありますが、何か手軽に助けになってくれるものがあれば知りたいですよね。

ハーブティーにはおいしく飲むだけで、乳腺炎の緩和や母乳不足に効果的なものがあります!
美味しく飲むだけで効果を発揮するのでおすすめです。

ここでは、乳腺予防・母乳不足におすすめのハーブティーについて詳しく説明していきます。

乳腺炎予防・母乳不足におすすめハーブティーの成分とは?

母乳を出すためには、母乳となる水分と血液を不足させないこと母乳をつくる働きのあるホルモンの分泌を減らせないことが大切です。

一般的に母乳をつくるホルモンは、赤ちゃんを産むときにたくさん作られ、その後は作られる量が減っていきます。
また、このホルモンは赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激によっても作られます。

初めのうちはなかなか母乳がでなくて不安になるかもしれません。
授乳し続けていれば、母乳の量も安定するようになっています。

またこのホルモンは、ストレスを受けることで分泌が弱まってしまうことも。
そんな時は、リラックス作用のあるハーブティーを飲んで心を穏やかにすることも大切ですよ。

乳腺炎は、母乳がうまくでなくて乳房にたまり詰まることで起きます。
乳腺炎は、まだ母乳を作って送り出す通路が開通できていない、赤ちゃんの母乳を飲む力が弱いなどが原因。
そのままほっておくと、ばい菌が入って感染を起こしてしまう乳腺炎になることもあるので注意が必要です。

母乳詰まりには、血液の循環を良くしたり、むくみを改善するハーブティーが有効です。

乳腺炎・母乳不足におすすめハーブティーは

  • リラックス作用
  • 血行促進作用

を持つものが有効です。

また、授乳や乳房マッサージ、搾乳など母乳の流れを改善したり刺激することで母乳の出がよくなるのでハーブティーと併用して行うと効果的です。

乳腺炎予防・母乳不足におすすめハーブティー3選

鉄分不足・貧血気味の方におすすめハーブティーについて、説明していきます。

たんぽぽ

たんぽぽの根っこから作られるお茶で、香ばしくコーヒーに似た苦みがあります。
たんぽぽコーヒーとも呼ばれています。

  • 選んだポイント・効果効能
    血液を作るのに必要な成分である鉄分を多く含みます。
    また、母乳を出すホルモンの調節をしてくれるため母乳が出やすくなる作用があります。血液の流れを改善し内側からじわじわと温めてくれリラックスさせてくれます。
    また、カリウムが豊富に含まれているため余分な水分を身体から出してむくみを改善してくれる効果もあります。
  • 副作用
    タンポポはキク科の植物であるためキク科アレルギーのある人は飲まないようにしましょう。
    また、血圧を下げる作用があるため、高血圧などで薬を飲んでいる人は注意してください。
たんぽぽ茶の気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? たんぽぽ茶は、血のめぐりを良くし、デトックスを促す働きに優れたお茶です。 母乳の出を良くする為に授乳中の方がよく利用しています...

フェンネル

香りは甘く、味はほろ苦いお茶です。

  • 選んだポイント・効果効能
    フェンネルには、女性ホルモンに似た成分をもっているため母乳を作る手伝いをしてくれます。
    また、血管や気管、消化器官などの通りをよくして母乳詰まりを防止効果もあります。
  • 副作用
    効果のあるハーブですが、大量に摂取すればその分効果が出るというものではありません。
    適切な量を飲むことで効果を発揮するものになるのでがぶ飲みなどはしないようにしましょう。
フェンネルティーの効果・効能や味とは?正しい作り方やオススメ入手法も徹底解説! フェンネルとは地中海沿岸を原産地とするセリ科ウイキョウ属の多年草です。 和名はウイキョウ(茴香)と言い、夏に黄色い小さい花を咲かせ...

ラズベリーリーフ

清涼感のある爽やかな味わいのハーブです。

  • 選んだポイント・効果効能
    身体や母乳を作るのに必要なビタミンなどの栄養摂取を行うことができます。
    また産後の回復を早めてくれる作用を持っており、母乳の出をよくする手助けをしてくれます。
  • 副作用
    優れたハーブですが、妊娠初期~中期にかけては子宮収縮作用により流産のリスクを高める可能性があるため注意が必要です。
    妊娠37週ほどになったら飲むようにしましょう。
ラズベリーリーフティーの味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? ラズベリーリーフは名前の通りラズベリーの葉っぱを乾燥させたハーブで、表面がもこもこしていて可愛らしい見た目をしています。 バラ科の...

乳腺炎予防・母乳不足におすすめハーブティーの効果的な飲み方

ハーブティーは色々な効果があります。効果を引き出すためには、適切な量を飲むことを心がけましょう。
また、ハーブティーの種類によっては、妊娠初期などは飲まない方がよいものもあるので注意が必要です。

ハーブティーを飲む量の目安は、1日に2~3回

ハーブティーが飲みにくい場合は、砂糖やはちみつで甘みを付けたり、ブレンドティーなど味を調節してみてください。

乳腺炎予防・母乳不足におすすめハーブティーのオススメブレンド

乳腺炎予防・母乳不足におすすめブレンドティーを紹介します。

シングルでも効果を発揮しますが、ブレンドすることで相乗効果や味を自分好みに変更して飲みやすくすくこともできるので、自分の好みのブレンドを見つけてみてください。

たんぽぽ+ショウガ+ミルクたんぽぽとショウガを混ぜてお茶を淹れます。ショウガのスパイシーさがプラスされ、身体をぽかぽか温めてくれるお茶になります。ミルクを淹れると飲みやすくなります。また甘みをプラスしてもおいしいです。
ラズベリーリーフ+ローズヒップラズベリーリーフとローズヒップを混ぜてお茶を淹れます。ローズヒップの酸味のきいた味のお茶になります。ビタミンを豊富に含んでいるので、母乳を作るための栄養摂取に最適なブレンドです。

まとめ

  • 母乳となる水分と血液を不足させない、母乳をつくる働きのあるホルモンの分泌を減少させない
  • 授乳や乳房マッサージ、搾乳などハーブティーと併用して行うと効果的
  • リラックス作用や血行促進作用を持つハーブティーが有効
  • たんぽぽは、身体を温めてリラックスさせたり、母乳を出やすくしてくれる
  • フェンネルは、母乳を作る手伝いや母乳詰まりを防止効果がある
  • ラズベリーリーフは、母乳を作るのに必要な栄養摂取や母乳の出をよくしてくれる
  • ハーブによっては妊娠初期、中期は飲むのを避けた方がいいものがある
  • 大量には飲まず、適切な量を飲む
  • 一日2~3杯くらいを目安に飲む

母乳が出にくいと「どうして?」不安になる気持ちもあると思います。
そんな時は一度お茶を飲んで一息入れて落ち着き、自分にできることから始めてみましょう。
すぐに結果が出てこなくても少しずつ効果が出てくれば自信にもつながりストレスも軽減されます。

ハーブティーが、すこしでも乳腺炎や母乳に関する手助けをできると幸いです。

お茶ラボ、line始めました!

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください