ハーブティーコラム

つわり対策におすすめハーブティーランキング3選

【イチオシダイエット茶おススメランキングbest3】
商品価格成分
1位:快糖茶 糖質カットで痩せたい人向け 1,480円/14日分 難消化性デキストリン、カテキン
2位:快調茶 割安価格でダイエット 780円/30日分 難消化性デキストリン、センノシド
3位:黒モリモリスリム 便秘と宿便解消でダイエット 380円(5日分) ゴールデンキャンドル

「ご飯の匂いを嗅いだだけで気持ち悪い・・・」
「決まった時間に吐き気に襲われる・・・」

など、妊娠して間もない方はつわりで、吐き気や胃のむかつきなどで悩んでいませんか?

つわりは、体の中で赤ちゃんを育てていくための準備をしている証拠。
悪いものではないのですが、症状が辛いとご飯が食べられなかったり、疲れがたまるなど日常生活に様々な影響が出てきます。

気分を紛らわせたり、リラックスして手軽に症状を緩和できるものがあれば知りたいですね。

ハーブティーは飲むだけで、つわりの症状を緩和してくれるものがあります
美味しく飲めて嬉しい効果もあるのでおすすめです。

ここでは、つわり対策におすすめのハーブティーについて詳しく説明していきます。

つわり対策におすすめハーブティーの成分とは?

つわりとは、妊娠初期の一般的な症状で、個人差はありますが妊娠中の多くの人が経験する症状です。
この原因はまだ研究中で、妊娠によって身体が変化するためホルモンなどのバランスの変化によっておこると言われています。

つわりは、吐き気や胃のむかつき、頭痛や疲れなどの症状が出てきます。
また、匂いに敏感になり今までいい匂いだと思っていたものが不快になったり、食事の好みが変わったりすることもあります。

つわりは、ひどいものだと母体や赤ちゃんに命の危機を及ぼす可能性もあるため、辛すぎる場合は我慢せずに医療機関に行きましょう。

この時期は無理をせずに食べたいものを食べてゆっくり休むのが大切になります。

赤ちゃんの成長が気になるかもしれませんが、つわりの起こる時期は妊娠初期です。
赤ちゃんはまだとても小さく、一部ビタミンなどを除いて、それほど栄養を必要としない時期。
ポイントをおさえておけばそれ以外は何を食べても大丈夫ですよ。

ハーブティーは、色々な味や香りがあるので自分の好みに合わせて選べます。
気分をすっきりさせて、ゆっくりとリラックスさせてくれるハーブもあるので自分に合ったものを見つけるとよいです。

つわり対策におすすめハーブティーは

  • リフレッシュ作用
  • 消化促進作用

を持つものが有効です。

ハーブティーには色々な効果があります。
強い効果を持つものもあるので今までは普通に飲めていたハーブティーも妊娠中には飲むのを控えたほうがいいものもあります。

ここでは、妊娠中でも安心して飲むことができるハーブティーを紹介していきます。

つわり対策におすすめハーブティー3選

鉄分不足・貧血気味の方におすすめハーブティーについて、説明していきます。

ハーブを選んだポイントや副作用についてまとめました。

ジンジャー

スパイシーな香りとジンジャー特有の辛味のある味です。

  • 選んだポイント・効果効能
    すっきりとした匂いや風味は胸のむかつきをおさえてくれます。
    また、消化促進効果や胃のむかつき、吐き気も緩和してくれる効果あり。
    血液の流れを改善し内側からじわじわと温めてくれますよ。
  • 副作用
    シングルで、ショウガの根を乾燥して出すお茶はハーブティーの成分強く出てしまうため避けましょう。
    ブレンドティーに少しだけ入っているものや絞り汁を普段のお茶に少し入れるなどして飲む分には問題ありません。
ジンジャーティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法も徹底解説!みなさんご存知のジンジャー(ショウガ)の驚くべく効果を知っていますか? 「冷えは万病のもと」と言われるように、体が冷えると血流が悪くな...

ローズヒップ

ローズヒップはフルティーで、少し酸味のきいた柔らかい口当たりのお茶です。

  • 選んだポイント・効果効能
    ビタミンC・B・E・Kなどが豊富で、特にビタミンCはレモンの20倍も含んでいるといわれています。
    固形から栄養がとりづらい時期にはおすすめのお茶。
    甘酸っぱい味なので、食欲がないときや気分をリフレッシュさせたい時におすすめです。
  • 副作用
    ローズヒップティーには重大な副作用はありません。
    しかし、便秘にも効果があり飲みすぎると、おなかが緩くなってしまうことがあるため、適切な量を飲むようにしましょう。また、バラ科アレルギーやシラカバ、ハンノキにアレルギーがある人は飲むのを控えましょう。
ローズヒップティーの気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? https://www.youtube.com/watch?v=qdoAozE_H7s&feature=youtu.be...

ミント

ミントは清涼感のある爽やかな味わいのハーブです。

  • 選んだポイント・効果効能
    メントールの香りが、気分をリフレッシュしてくれるので、つわりの時の気分転換に最適です。
    また、胃痛や吐き気、食欲不振にも効果があります。
  • 副作用
    優れたハーブですが、過剰摂取すると粘膜を乾燥させて、胃痛を引き起こすことがあるので適切な量を飲むようにしましょう。
ペパーミントティーの効果・効能や味とは?正しい作り方やオススメ入手法も徹底解説! ペパーミントは、シソ科ハッカ属の多年草でヨーロッパが原産です。 和名はセイヨウハッカと言い、アロマテラピーやガムなどの菓子類、...

つわり対策におすすめハーブティーの効果的な飲み方

ハーブティーには色々な効果がありますが、その効果のほとんどは即効性のあるものではありません。
普段の生活に取り入れて続けて飲むのがベストでしょう。

気分転換に飲む分にはすぐに効果を発揮しますが、本来はゆっくりと体を改善していくものになります。

一日に2~3杯くらいを目安に飲むのがおすすめです。

ハーブティーが飲みにくい場合は、砂糖やはちみつ、ブレンドティーなど味を調節してみてください。

つわり対策におすすめハーブティーのオススメブレンド

つわり対策におすすめブレンドティーを紹介します。

シングルでも効果を発揮するハーブ。
しかし、ブレンドすることで相乗効果や味を自分好みに変更して飲みやすくすくこともできますよ。

ルイボス+ローズヒップルイボスとローズヒップを混ぜてお茶を淹れます。ルイボスティーには妊婦に必要な栄養素が豊富に入っています。ローズヒップとブレンドすることでローズヒップの酸っぱさを緩和してくれます。
ジンジャー+ルイボスジンジャーとルイボスを混ぜてお茶を淹れます。ジンジャーのスパイシーさの効いたたお茶になります。好みではちみつやレモンをいれてもおいしいです。
ルイボスティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法 ルイボスティーはダイエットや生活習慣病予防、アレルギー症状の改善に役立つお茶として今や大人気。 豊富な抗酸化物質が老化を防いでくれ...
ローズヒップティーの気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? https://www.youtube.com/watch?v=qdoAozE_H7s&feature=youtu.be...
ジンジャーティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法も徹底解説!みなさんご存知のジンジャー(ショウガ)の驚くべく効果を知っていますか? 「冷えは万病のもと」と言われるように、体が冷えると血流が悪くな...

まとめ

  • つわりは、妊娠初期の一般的な症状
  • 吐き気や胃のむかつき、頭痛や疲れなどの症状が出る
  • 匂いに敏感になったり、食事の好みが変わったりすることもある
  • 症状がひどい場合には我慢せずに医療機関へ
  • リフレッシュ作用や消化促進作用を持つハーブティーが有効
  • ジンジャーは、消化促進効果や胃のむかつき、吐き気も緩和してくれる
  • ローズヒップは、ビタミン・ミネラルが豊富で気分をリフレッシュさせてくれる
  • ミントは、気分のリフレッシュや胃痛や吐き気、食欲不振に効果がある
  • 一日2~3杯くらいを目安に飲む

妊娠中は、身体の変化の他に飲み物や食事の制限がかかったりとなにかとストレスもたまりやすくなあるもの。

つわりは、妊娠初期に起こる症状で個人差はありますが、本当に辛いことが多いですよね。
少しでもその辛さをハーブティーで和らげ気分をリフレッシュすることができたら幸いです。

いろいろなハーブティーがあるのでお好みの味を探して選んでみてください。

【イチオシダイエット茶おススメランキングbest3】
商品価格成分
1位:快糖茶 糖質カットで痩せたい人向け 1,480円/14日分 難消化性デキストリン、カテキン
2位:快調茶 割安価格でダイエット 780円/30日分 難消化性デキストリン、センノシド
3位:黒モリモリスリム 便秘と宿便解消でダイエット 380円(5日分) ゴールデンキャンドル

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください