ハーブティーコラム

ハーブティーを飲むとアレルギーが出る? アレルギーを引き起こすハーブまとめ


香りもよく色々な効果のあるハーブティーですが、まれにアレルギー症状を引き起こすことがあるのを知っていますか?

ハーブティーには嬉しい効果のある一方で、稀とはいえアレルギー症状がでるものあります。
どのようなハーブが起こりやすく、どんな症状がでるのか知っておくことが大切です。

ここでは、アレルギーを引き起こしやすいハーブティーについて詳しく説明します。
もしも飲んだ時に、アレルギーが起きてしまった場合の対処法についても解説しました。

なぜハーブティーを飲むとアレルギーがでる?


人の身体は異物が入ると、白血球や抗体が守ろうと動いて守ってくれます。
これが過剰に働き、様々な反応を引き起こしてアレルギーとなるのです。

アレルギーは、身体に入った特定の物質(アレルゲン)によっておこります。
主な症状は

  • 目のかゆみ
  • 鼻水
  • 皮膚のかゆみ
  • のどのかゆみ
  • 湿疹
  • くしゃみ

など様々です。

また、ひどいものだと喘息アナフィラキシー反応がでます。

アナフィラキシーは、短い時間に全身にアレルギー反応が起こります。
アレルギーの中でも命に関わる危険な症状のことです。

アナフィラキシーショックが起こったら、早急に適切な処置や治療をする必要があります。

ただ、アレルギーは個人差によるところが多いです。
少量ハーブティーを飲んだらアレルギーがでる人もいれば、たくさんの量を飲んだときにアレルギー症状を起こす人もいるなど様々です。

アレルギーの出やすいハーブティー


ここでは、アレルギーを起こしやすいハーブティーについて、説明していきます。

一つのハーブでアレルギー症状が出た場合。
同じ系統の植物のハーブティーを飲むと同じようにアレルギー症状が出る場合があり、注意が必要です。

キク科のハーブ

ハーブの中でアレルギー症状起こす代表的なものがキク科のハーブです。
キク科には、

などがあります。

カミツレはハーブティーとしてはよく使われているハーブの一つですよね。
特に、リラックス作用による不眠や不安に効果が期待され、古くから愛用されてきました。

そのカミツレの成分にはアレルギーを抑える効果があるため、アレルギーに効くハーブとしてブレンドされていることもあるんです。
ブレンドティーを探している時は、注意しましょう。

花粉症のブタクサアレルギーを持っている人は、アレルギー症状を引き起こす可能性があるので避けたほうがいいです。
花粉症のある人は、症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

カミツレティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法 カミツレは、リラックス効果があり、寝る前に飲むと安眠できるハーブです。 カツミレはカモミールの和名。 ヨーロッパ原産のキク科...
カレンデュラ(マリーゴールド)ティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法 マリーゴールドのうち、ハーブとして使われる種がカレンデュラです。キンセンカとも呼ばれます。 その花は月経不順や結膜炎、皮膚の傷...
エキナセアティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法エキナセアは、北米原産のキク科のハーブです。和名でムラサキバレンギクとも呼ばれます。 インディアンの間で長年薬草として使用されてきたハ...

タデ科のハーブ

タデ科のハーブには、

などです。

特にそばアレルギーのある人は、これらのハーブティーを飲むのを避けてください。
そばは、タデ科の植物であり、そばアレルギーはアレルギー反応が激しく、生命に関わることがあります。

ルバーブティーの気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? ルバーブはシベリア南部を原産とするタデ科カラダイオウ属の多年草です。 寒冷地での栽培に適していて、日本では北海道や長野県を中心に栽...

セリ科のハーブ

セリ科のハーブには、

などがあります。

これらのハーブは、ハーブティー以外にも料理でよく使われてますよね。
セロリやパセリ、パクチーもセリ科の植物です。
口に入れる機会の多いものになります。

セリ科のハーブもアレルギーが現れやすいので注意が必要です。

ディルティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法ディルは、アメリカやヨーロッパ、西アジアが原産です。 日本には江戸時代に渡ってきたとされていて、和名はイノンドです。 現在の日本...
チャービルティーの味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? チャービルは繊細なレースのような細かい切れ込みが入った葉をしており、古代ローマ時代より幅広く料理に使用されていたハーブです。 ...
フェンネルティーの効果・効能や味とは?正しい作り方やオススメ入手法も徹底解説! フェンネルとは地中海沿岸を原産地とするセリ科ウイキョウ属の多年草です。 和名はウイキョウ(茴香)と言い、夏に黄色い小さい花を咲かせ...

もしもハーブティーをのんだ後アレルギーがでたら


ハーブティーを飲んだ後、かゆみ、湿疹、くしゃみ、腹部の不快感などの症状が出た場合について。

無理をせずに飲むのをすぐにやめて、医療機関に相談しましょう。
はじめの方は軽い症状でも急速に悪化する場合もありますので、注意が必要です。

ここで上げたハーブ以外でもアレルギーを起こす可能性はあります。

アレルギー症状を起こさないためには、原因になるものを飲まないことが大切です。
知っていればよいですが、知らない場合は初めて飲むハーブティーは少量飲んで様子を見ましょう。

まとめ

  • アレルギーは免疫系と呼ばれる身体を異物から守る作用が過剰反応を起こす
  • 特定の物質によって、体が過剰に反応し神経や血管を刺激してアレルギー症状がでる
  • 症状は、目のかゆみ、鼻水、皮膚のかゆみ、のどのかゆみや湿疹、くしゃみなど
  • アナフィラキシー反応は生命を脅かす症状がでることもある
  • アレルギーの出やすいハーブティーは、キク科、タデ科、セリ科、シソ科のハーブ
  • ブタクサアレルギーなどの花粉症を元々持っている人は症状が悪化する場合がある
  • そばアレルギーのある人はタデ科のハーブティーはアレルギー反応が激しいので避ける
  • 症状が出た場合は、無理をせずに飲むのをすぐにやめて、医療機関に相談
  • 初めて飲むハーブティーは少量飲んで様子を見る

ハーブティーは様々な効果があるものですが、アレルギー症状を引き起こすと大変です。

アレルギーは個人差があり、どのハーブを飲むとアレルギー症状が起こるかわかりません。
口に含んでみておかしいと感じた、またはお腹の調子が悪くなった時は、無理せずに飲むのをやめましょう。

自分にはどのハーブティーが身体にあっているのか見極めるのが大切です。

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください