悩み別おススメお茶ランキング

【必見】血糖値を下げるお茶の選び方とおすすめランキング5選

  • 「年齢が上がるにつれて、血糖値が高くなってきた・・・」
  • 「血糖値を下げたいけど食事制限などはしんどくて続かない・・・」
  • 「お茶で血糖値って下げることができるのかな?」

今回はこんな悩みや疑問を持っている方にぜひ読んでほしい記事です^^

血糖値といえば、糖尿病の指標となる数値です。
この値が高くなると糖尿病と診断されてしまいます。

糖尿病になると、つらい食事療法・運動療法に加えて
一生薬とお付き合いする生活になってしまうかもしれません。

食べたいものが食べられない。毎日薬漬け・・・辛いですよね。
今、血糖値対策を行わないと後悔することになるかもしれません。

「でも、血糖値を下げたいけど、きつい運動や食事制限は嫌」

「糖尿病になる前に手を打ちたいけどできるだけ楽に続く方法がいい」

こんな方におススメなのは、普段の食事の中に血糖値を下げるお茶を取り入れることです。
辛い運動や食事制限の必要がありませんし、お茶を飲むだけで血糖値を分解する成分を摂取できます。

お茶じゃ血糖値は下がらないのではないかと思ってしまう方もいるでしょう。

しかし、血糖値を下げるお茶は、トクホや機能性表示食品の届け出がされていて、
しっかりと効果が期待できるものがいくつかあります。

今回は、血糖値を下げるお茶の選び方をおすすめのお茶と一緒に紹介していきます。

血糖値を下げる効果が期待できる成分」を最初に見る
血糖値を下げるお茶の選び方」を最初に見る
血糖値を下げるお茶のおススメランキング」を最初に見る

ひと目でわかるおススメのお茶ランキング

まずは血糖値を下げるおすすめのお茶の結論から紹介していきます。

今回、血糖値の改善に良い成分、お茶の選び方を踏まえて選んだおススメ商品は5つ。
ランキング形式でまとめています。

商品名価格メーカー
1位:
快糖茶

1,480円
送料無料

14日分
MBH-online
2位:
匠の糖煎坊

1,960円
10回分
株式会社ソシア
3位:
かろやか食卓茶w(ダブル)

1,900円
30回分
宇治田原製茶場
4位:
蕃爽麗茶

2,066円
24回分
ヤクルト
5位:
綾鷹 特選茶

2,952円
24回分
コカ・コーラ

表を見てわかる通り、一日あたりの価格としては快糖茶が最も安くお試しできます。
初めての血糖値を下げるお茶としては場所も取らず、
血糖値に加え中性脂肪の対策もできる快糖茶がおススメです。

血糖値を下げるお茶は本当に効果があるの?


血糖値を下げるお茶は、いわゆる健康食品です。
血糖値を下げる薬などと比較すると効果が緩やかなものになります。

しかし、お茶に含まれる血糖値を下げる成分は、
科学的に効果があると証明されたものがほとんど。

食後血糖値が上がりすぎるのを防ぐ成分や、
血液中の糖分を利用することを促進する成分などが含まれています。
これらの成分は毎日根気よく摂取することでより効果を期待することができます。

また、医薬品などとは異なり、副作用がほぼないことや、
お茶として摂取できるのもポイントです。

多くのお茶が緑茶ベースの通常のお茶仕立てになっています。
そのため、毎日の食事に合わせて簡単に飲むことができるので、
お薬の飲み忘れが多い方でも安定して継続できます。

しっかり効果のある成分と、毎日続けることのできる工夫で、血糖値を下げるお茶は本当に効果があるといえるでしょう。

血糖値を下げるお茶を飲んだほうがいい人とは


まず、すでに血糖値が気になっている方にはぜひ飲んでいただきたいです。

健康診断などで血糖値が高いことを指摘された場合、
まず薬物療法などより先に食事や運動療法を指導されることがほとんどです。
このタイミングでしっかり食事や運動に気を付けられれば良いのですが、
なかなか普段のライフスタイルを変えるのは難しいですよね。

食事・運動療法が上手くいかない場合、そのまま薬物治療をしなければならなくなり、
インスリン注射、人工透析…などとステップアップしていってしまうこともあります。

食事療法のお供として血糖値を下げるお茶を導入することで、
これ以上血糖値を上げるのを防ぐ効果を期待することができます。
治療段階でなく、血糖値が気になる…という段階の方にこそおススメです。

また、健康診断などで指摘されていなくても、普段から甘いものや脂肪分が多めの食事を摂取しがちな方は、血糖値を下げるお茶を食事と共に摂取していただきたいです。
血糖値は一度上がってしまうとなかなか下がりにくいので、血糖値が上がりきる前から摂取を続けることで、より効果を期待することができます。

血糖値を下げるお茶の特徴


血糖値を下げる効果が期待できるお茶を選ぶにあたって、注目しておきたい特徴がいくつかあるので、紹介していきます。

血糖値を下げる効果が期待できる成分が含まれていること


当然ですが、血糖値を下げる効果が期待できる成分を含んでいることが絶対条件です。
血糖値を下げる効果のあるお茶は、パッケージなどに大きく「血糖値を下げる」と記載されていることがほとんどですので、選ぶ指標にしてみるといいでしょう。

「血糖値を下げる」という記載がない場合でも、血糖値を下げる効果のあるお茶であることもあります。
ぱっと見て気付けないので、成分について調べたり口コミを参考にしたりする必要はありますが、複数の有効成分を含んでいるなどの場合もあります。

後に紹介するおすすめランキングもぜひ参考にしてみてください。

血糖値を下げるお茶のおススメランキング」を先に見る。

トクホや機能性表示食品であること


血糖値を下げるお茶を選ぶ指標の1つとして、トクホ(特定保健用食品)の指定を受けていることや、機能性表示食品の届け出をしていることなどがあります。
これらの健康食品は、一定の基準を満たさなければなりません。

トクホか機能性表示食品であれば、程度の安全性・効果を期待できます。

「血糖値を下げる」とパッケージに表示のあるものは、
トクホか機能性表示食品のいずれかに該当する場合がほとんどです。
安全性などに重点を置く場合は、この表記に注目することがポイントです。

血糖値を下げる効果が期待できる成分


血糖値を下げるお茶を選ぶ基準について解説しましたが、
最も重要なのはお茶に含まれる、血糖値対策の成分です。
お茶を具体的に選ぶ際に、どのような成分に注目すべきか紹介します。

難消化性デキストリン


難消化性デキストリンは、食物繊維の一種です。
小腸の中で、食事に含まれている糖分の分解を妨げ、吸収を防ぐはたらきがあります。

また、糖分だけでなく脂肪分の吸収も妨げる効果が研究発表されています。
血糖値だけでなく、生活習慣病全般でお悩みの方は、この難消化性デキストリンが含まれているお茶を選択するといいでしょう。

さらに、食物繊維は腸内の環境を整えて、スムーズなお通じの手助けをします。
お通じがなくて困っている方にも適した成分です。

パナキサトリオール


田七人参に含まれているサポニン類似物質のパナキサトリオールは、血液から筋肉に糖分の吸収を促進して、血液中の糖分を減らす効果が研究発表されました。
筋肉に糖分が吸収されることで、筋肉で糖分が利用され、体内の糖分を減らすことが期待できます。

すでに上がっている食後血糖値をダイレクトに下げる効果が期待できるので、いつでも好きなタイミングに摂取できる成分です。

カテキン


カテキンは、食後に小腸からの糖分の吸収を減らすはたらきがあるとされています。
主に緑茶などのお茶成分に配合されており、血糖値を下げるお茶各種に含まれていることが多いです。
お茶成分の1つなので、食事とともに摂取しやすい成分です。

グァバ葉ポリフェノール


グァバ葉ポリフェノールは、
食事中に含まれる炭水化物・糖質を分解する酵素のはたらきを抑えます。

分解されにくくなった糖質は吸収されづらく、
食後の血糖値の急上昇を緩やかにとどめてくれます。
食事と一緒に摂取することで、より効果が期待できる成分といえるでしょう。

カフェイン


カフェインは、一時的には血糖値を上げるとされています。
しかし、長期的に摂取することで、
食後血糖値を抑える効果があるという研究結果があります。

血糖値を下げるお茶の多くは緑茶ベースのものなので、
カフェインを含んでいるものがほとんどです。

カフェインを飲むと眠れなくなってしまう方は注意が必要ですが、
お茶を長期的に飲むこと自体に血糖値を下げる効果がありそうです。

血糖値を下げるお茶の選び方


血糖値を下げるお茶は、成分が最も重要です。

しかし、その他にも選び方として覚えておいて欲しいポイントを説明します。

買いやすく、続けやすい


血糖値を下げるお茶は、医薬品ではなく健康食品です。
即効性があるようなものではないため、
根気よく継続していくことが最も効果を期待できるでしょう。

そこで大切なのが、購入しやすさと続けやすさです。
手軽にコンビニやドラッグストアなどで入手できるのも良いですが、
定期コースなどを取り扱っているメーカーだと買い忘れなく続けることができます。

家族で飲んでいたらすぐに無くなってしまった…という場合でも、
メーカーに連絡すれば早めに送ってくれることがほとんどです。

定期コースでは値段もかなり安く抑えられることが多いので、
血糖値を下げるお茶を検討している方は、定期コースでの購入がおススメですよ。

お試しできる


健康食品には、医薬品のような激しい効果があるものはないです。
しかし、どうしても体質に合う・合わないがあるのは仕方のないことでしょう。

特にアレルギー体質だったり、
持病があったりする場合に安易に定期コースに申し込むのは抵抗がありますよね。

その場合、大切なのは、簡単にお試しできること。
また、もし体に合わなかった場合はすぐに解約できることです。

今回の記事で紹介する血糖値を下げるお茶は、定期コースに申し込んだとしても、
簡単に解約できるものばかりなので安心です^^

安全性が高い


健康食品と聞くと、医薬品や医薬部外品などと比較して、
安全性に問題があるのではないかと思われる方もいると思います。

健康食品といっても、医薬品やそれ以上の製造管理を心掛けているメーカーが数多くあるので、そのようなメーカーの製品を選ぶことが大切です。
また、トクホや機能性表示食品の届け出をしている健康食品は、
安全性の高い製品といえるでしょう。

今回紹介するお茶は、製造管理などを徹底しており、安全性に自信のあるものばかりです。味や成分を純粋に比較して選ぶことができますので、参考にしてみてくださいね。

血糖値を下げるお茶のおススメ比較ランキング


血糖値を下げる効果が期待できるお茶は、毎日根気よく摂取していくことが大切です。
自分に合ったお茶を見つけることができるように、血糖値を下げるお茶を具体的にランキング形式で紹介していきます。

 

商品名価格メーカー
1位:
快糖茶

1,480円
送料無料

14日分
MBH-online
2位:
匠の糖煎坊

1,960円
10回分
株式会社ソシア
3位:
かろやか食卓茶w(ダブル)

1,900円
30回分
宇治田原製茶場
4位:
蕃爽麗茶

2,066円
24回分
ヤクルト
5位:
綾鷹 特選茶

2,952円
24回分
コカ・コーラ

1位:快糖茶

  • 難消化性デキストリン配合で血糖値の対策にぴったり!
  • 緑茶・抹茶・玄米茶のトリプル配合で、飲みやすく美味しい味にブレンド
  • 国際水準レベルでの安全管理をしており、機能性表示食品だから安心!
  • お試し14日分を1480円で購入可能 送料も無料

快糖茶は、血糖値を下げる成分として難消化性デキストリンを含んだお茶です。
また、中性脂肪を下げる効果もあるため、血糖値と中性脂肪の対策が同時にできます。

消費者庁に機能性表示食品の届け出も出しているため、効果と安全性はばっちり。
緑茶を中心として、抹茶・玄米茶を配合しており、どんな食事にも合うフレーバーです。

快糖茶は14日分をお試し1,480円で購入することができます。
初回は14日分なので、簡単にお試しができていいですね。

2回目以降も37%オフの価格で継続できて、大変おトクです。

解約に関してですが、次に届ける10日前までに連絡することとで簡単に解約できますよ。
定期縛りなどもないので安心してお試しできますね^^

効果、価格、安全性、味の飲みやすさの観点で
血糖値対策として最もおススメできるお茶が快糖茶です。

公式サイトはこちらから

レビュー・口コミはこちらから

 

血糖値を下げるお茶のおススメランキング」一覧に戻る

2位:匠の糖煎坊

  • 快糖茶と同じ難消化性デキストリンを配合
  • 桑の葉茶をベースに抹茶仕立てで作られた飲みやすいお茶
  • 消費者庁に届け出がされている機能性表示食品だから安心!
  • 通常価格5,500円が64%オフの1,960円+送料無料で試せる!
  • 2回目以降の定期コースもずっと64%OFF! 送料も無料!

匠の糖煎坊は血糖値の値を匠の技で抑えるというコンセプトで作られた健康茶です。
快糖茶と同じ難消化性デキストリンを含んでおり、機能性表示食品としても認められています。

価格や分量の面で快糖茶よりおすすめ度は下がってしまいますが、
それでも十分安く血糖値対策をお茶で始めることができます。

また、匠の糖煎坊は定期コースを選んだ場合、
初回からずっとおトクな価格で購入できます。

初回は47%オフで、2箱まで購入OK。1箱が10日分になっています。
定期コースを検討する場合は初回から2箱購入することがおススメです。

定期コースは、回数縛りなどもなく、いつでも解約可能です。

また、定期コース以外でもおまとめ買いの場合、
3箱で5%、6箱で10%、9箱で20%オフとどんどんおトクになります。

1箱、2箱程度でまずお試しする場合は、
1箱当たりのお茶っ葉の数が多いので快糖茶の方がお得です。
ただし、家族でたくさんまとめ買いしたい場合は匠の糖煎坊も選択肢に入りますね。

まず快糖茶で試してみて、
快糖茶がもしあまり合わなかった場合におススメです^^

公式サイトはこちらから

血糖値を下げるお茶のおススメランキング」一覧に戻る

3位:かろやか食卓茶w(ダブル)

  • 難消化性デキストリン配合で、食後の血糖値上昇を抑える
  • 宇治抹茶、玄米緑茶配合で普段の食事に合わせやすい
  • 1回100mLの水かお湯に溶かして飲めるのでお手軽
  • 通常価格3,800円が、定期コース申し込みの場合初回半額の1,900円でお試し可能
  • 定期コースの場合は2回目以降も10%オフで継続可能。

かろやか食卓茶w(ダブル)も、
血糖値を下げる成分として難消化性デキストリンを含んだ、機能性表示食品です。
抹茶ベースのお茶なので、日本食に合い、食事療法と共に続けやすいお茶に仕上がっています。

定期コースでは初回半額で買えるので、公式のキャンペーンページから申し込むのがおススメですよ。
もし、購入を止めたい場合は商品到着後2週間以内に連絡をすれば問題ないので、簡単です。

公式サイトはこちらから

血糖値を下げるお茶のおススメランキング」一覧に戻る

4位:蕃爽麗茶

  • 食事中の糖分の吸収を穏やかにする、グァバ葉ポリフェノール配合
  • 1日200mL目安で、手軽に摂取できる
  • ノンカフェインで寝る前にも安心して飲める
  • amazonやドラッグストアなどで気軽に購入できる
  • 2Lペットボトルもあり、家族みんなでで血糖値対策

蕃爽麗茶には、血糖値の急激な上昇を抑える成分として、グァバ葉ポリフェノールが配合されています。
茶葉を焙煎しており、クセの少ない飲み心地のトクホのお茶です。

ペットボトルタイプのお茶なので簡単に飲むことができます。
1日の目安量は200mLでコップ一杯分程度です。

ちょっとした水分補給にも便利ですね。

カフェインで眠れなくなってしまう方も気軽に飲める、ノンカフェインのお茶です。

お近くのドラッグストアや通販サイトで簡単に入手することができますので、簡単に試すことができることも蕃爽麗茶のメリットの1つです。

ただ、売り切れや一杯あたりの価格で考えると快糖茶の方がおススメできます。
毎回買いに行ったり注文するのも面倒なので
快糖茶の定期コースなどの方が続けやすいですね。


血糖値を下げるお茶のおススメランキング」一覧に戻る

 

5位:綾鷹 特選茶

  • 血糖値の急激な上昇を抑える、難消化性デキストリン配合
  • トクホのお茶でも、綾鷹の美味しさは健在
  • いつでも飲みやすい、ペットボトルタイプのお茶
  • コンビニ、amazonや楽天などで入手しやすい
  • ペットボトルタイプなので場所をとってしまう&重たい
  • 買い忘れやすいので定期的に飲み続けるには少し向かない

おなじみの綾鷹が、トクホのお茶を出しました。
血糖値を下げる効果が期待できる成分として、難消化性デキストリンを含んでいます。
綾鷹は緑茶の美味しさを追求しているお茶ですが、トクホのお茶でもそれは変わりません。
日本人の食事に合うような、綾鷹の良さが活きているお茶です。

「綾鷹 特選茶」はamazonなどをはじめとする通販サイトで入手することができます。
ただ、売り切れや毎回買う手間が少し面倒ですね。
ペットボトルタイプは重たくて場所をとるのがちょっと難点です。

また、一杯あたりの価格で考えると快糖茶の方がおススメできます。
難消化性デキストリンの配合量も快糖茶の方が多く、1日あたりのお茶の価格も快糖茶の方が安いです。


血糖値を下げるお茶のおススメランキング」一覧に戻る

血糖値を下げるお茶を飲むときの注意点


血糖値を下げるお茶は、あくまでも健康食品です。
そのため、医薬品などとは異なり、明確に用法などがあるわけではありません。

しかし、より効果の期待できる飲み方や、健康食品とはいえ避けた方がベターな場合もあります。
血糖値を下げるお茶を飲む際の注意点について、よくある質問にお答えしていきます。

いつどうやって飲むといいの?


成分によって、おススメの飲み方は異なります。
難消化性デキストリンやカテキン、グァバ葉ポリフェノールなどの食後の血糖値上昇を抑えるお茶の場合は、食事と一緒に飲むとより効果が期待できるでしょう。

田七人参の含有成分、パナキサトリオールは血液中の糖分を筋肉中に取り込む作用が期待できるので、白井田七。茶を飲む場合は1日1回、好きなタイミングで飲むといいでしょう。

また、ノンカフェインのお茶以外は基本的にカフェインが含まれています
寝る前に飲むと眠れなくなることがあるので、お茶を飲む際は寝る前は避けて飲んだ方が良いです。

たくさん飲むと効果も出やすいの?


たくさん飲むと効果が倍増するような気がしますが、基本的には指示されている用法を守るようにしてください。
今回紹介したお茶はほとんどが100mL(1回1包)~500mL程度を1日の摂取推奨量に指定しています。

多く飲むことで効果はそこまで変わらず、むしろ副作用が出ることも。
特に難消化性デキストリンを含んだお茶の場合、たくさん飲むことでお腹が緩くなってしまう場合があります。
必ず1日1杯を守るようにしましょう。

薬と併用しても大丈夫なの?


基本的に問題ない場合がほとんどです。
しかし、まれにカフェインと相性の悪いお薬がありますので、普段から服薬している方は医師や薬剤師に相談してからのほうが安心です。

また、普段から下剤などを服用している方が難消化性デキストリンを含むお茶を飲むと、思った以上にお腹が緩くなってしまう場合があります。
お茶を調節して飲むか、下剤をお通じの調子に合わせて調節するかなどの対策が必要になる場合があるので、注意しましょう。

妊娠時は飲んでいい?


基本的には問題ないです。

妊娠中にカフェインは全く摂ってはいけない、というわけではありません。
興味のあるお茶があれば主治医に相談の上、摂取することができます。

しかし、カフェインを摂取しないように注意している妊婦さんは、ノンカフェインのものを選んだ方が安心です。

妊娠糖尿病と診断されて飲みたい場合は、かならず産婦人科医に相談してから飲むようにしましょう。

今回紹介したお茶は、血糖値を下げる効果が期待できますが、ハイリスク妊娠の治療をするものではありません。

しっかり検討してから取り入れてください。

子供は飲んでも大丈夫?


お子さんが飲んでも問題ないです。

しかし、お子さんは大人よりも体が小さく、有効成分が効きすぎてしまう場合があります。
お子さんが飲む場合は、大人より少ない量や、薄めた状態から開始することがおススメです。

また、カフェインが含まれているものは寝る前に飲ませない方が安心しますよね。

副作用は?


基本的に健康食品のため、重篤な副作用はありません。
しかし、血糖値は低すぎても問題があるというのはご存知でしょうか。

低血糖症状といい、初期症状として手の震えなどがあり、重くなると意識が無くなってしまう症状です。
血糖値を下げるお茶だけで低血糖になるとは考えにくいですが、血糖値を下げるお薬やインスリン注射を利用している方がお茶を飲む場合は、注意するようにしましょう。

  • あまりにも糖分を取らない食生活
  • インスリン注射
  • 血糖値を下げるお茶を摂取する

とストイックになりすぎると、低血糖のリスクが上がります。

適度な糖質の摂取も大切ですよ。

ちなみに、「低血糖かな?」と思ったら、すぐにブドウ糖を摂取しましょう。
特別な薬を飲んでいなければ、チョコレートや飴玉などでも大丈夫です。

血糖値が上がってしまう原因


血糖値にはインスリンというホルモンが大きく関わってきます。
このインスリンが足りなくなったり、感受性が悪くなったりすることで血糖値が上がってしまうのです。
血糖値が上がる原因になりうる、インスリン分泌について解説します。

インスリンが足りない場合


インスリンが生まれつき足りない病気を持って生まれてくる方がいます。
これをⅠ型糖尿病といい、生活習慣の関係ない糖尿病です。
Ⅰ型糖尿病の場合は、先天性疾患のため、お子さんの患者さんもとても多いです。

インスリンは血液中の糖分を細胞の中に取り入れて利用を促すことで、血糖値を下げる働きがあります。
このインスリンが先天的に足りないことで、食後に血糖値が上がりっぱなしになってしまうのです。
このような場合は、食事に合わせてインスリンを注射して補給する治療を行います。

血糖値を下げるお茶を併用する場合、食後血糖の上昇を緩やかにすることができます。
ですので、Ⅰ型糖尿病の方がお茶を飲みたい場合は、ぜひ医師の相談の上検討してみてください。

インスリンがうまく働かない場合


生活習慣が関わってくる糖尿病は、このインスリンの感受性が落ちてしまっている場合がほとんどです。これをⅡ型糖尿病といいます。

運動不足や脂質・糖質の多い食事などを続けると、インスリンが多く分泌されすぎて細胞側の感受性が悪くなってきます。
インスリンが分泌されても感知されにくくなってしまうので、血液中にインスリンが多くあるのにもかかわらず血糖値が高くなってしまうのです。
この場合の治療では、細胞でインスリンを利用するのを促進する飲み薬などで治療を行います。

また、インスリンを多く分泌しすぎてしまうと、インスリンを分泌する細胞が疲れて、徐々にインスリンの分泌が低下してきてしまいます。
こうなると、インスリンの注射も必要になってきてしまうのです。

血糖値を下げるお茶を併用する場合、どの段階でも効果を期待することができますが、病気が進行しすぎる前に食事療法と共に飲み始めることをおススメします。

血糖値が高いとどうして危険なの?


血糖値が高いといっても、すぐに自覚症状として現れるというわけではありません。
糖尿病だと診断されても、自覚症状がないからといって放置してしまう方がとても多いのです。

しかし、高血糖が自覚症状として現れる頃には、重篤になっている場合がほとんどです。
血糖値が高いことによって起こりうるリスクについて紹介していきます。

糖尿病性網膜症


血糖値が上がりすぎることで、眼病のリスクがあります。
糖尿病性網膜症という糖尿病の合併症で、目の一部である網膜という部分の血管に炎症が起こります。
この炎症が原因で、目の中で出血が起こり、最悪の場合失明に至ります。

末端神経障害


末梢神経障害は、糖尿病が原因の神経の病気です。
手足の神経が鈍ってしまい、例えば足の裏に何かが刺さってしまっていても、神経のはたらきが衰えてしまっているため、痛みを感じにくくなってしまいます。
気付いたら手足が血だらけだった…というような事態を引き起こすかもしれません。

それだけならまだ良いのですが、傷に気付かず化膿が進んでしまい、手足の末端が腐って壊死してしまう場合があります。
そうなると、末端を切断しなければならず、手足を失ってしまう可能性があるのです。

糖尿病性腎症


血糖値が高い状態が続くと、全身の血管が固くなってきてしまい、これを動脈硬化といいます。
細い血管が固くなってきてしまうと、そこから血管が破れてしまうことがあります。

腎臓は細い血管がたくさんあって、体の中の不純物をろ過する役割があり、この細い血管が破れてしまうことで、腎臓の機能が衰えてしまいます。
腎臓が機能しなくなることで、人工透析の治療が必要になる場合があるのです。

血糖値を下げるために効果のあること


血糖値を下げるお茶以外にも、生活面で注意しておいたほうが良いことがいくつかあります。
お茶を摂取するだけでなく、これらのことにも注意しながら生活するようにしましょう。

食事内容に注意する


当然、糖分の多い食事を続けると血糖値は上がってしまいます。
糖分=甘い物のイメージがあると思いますが、炭水化物、つまりごはんやパン、パスタなども糖分のもとです。
これらの食事を中心に摂取していると、血糖値を上げてしまう可能性があります。

血糖値が気になる方は、炭水化物や糖分を中心とした食生活は控え、野菜やたんぱく質中心の食生活にしましょう。
お肉ではなく魚、チーズではなく大豆製品と、昔ながらの日本食が良いとされています。
日本食の場合は、今回紹介した血糖値を下げるお茶にもよく合いますので、ぜひ合わせて飲んでみてください。

いきなりライフスタイルを変えるのは難しいという方は、

  • 例えば居酒屋メニューを野菜の物を多く選んでみる
  • 毎日食べるデザートをカロリーの低いものを選んでみる

など、自分に合った方法を試してみてください。

ストレスなく続けることが重要です。

運動を心掛ける


血糖値を下げるには、食事療法と一緒に運動療法も続けることが大切です。
運動をすることで、体内の糖分を利用するのを促進します。
そうすることで、血糖値を下げる効果が期待できます。

1日30分以上の有酸素運動が有効ですが、普段から運動していない方がいきなり30分ランニングするのは難しいでしょう。
お金と時間に余裕があればスポーツジムなども選択肢の1つです。
しかし、まずは

  • 週3回ウォーキングをしてみる
  • 普段の通勤を歩きや自転車に変えてみる

など、普段の生活に取り入れられる範囲から始めてみてください。

血糖値を定期的に測定する


まず、血糖値が高い場合はしっかり測定して、把握することが大切です。
糖尿病と診断された場合は、頻繁に血液検査で血糖値を測定しますが、糖尿病以前の場合はそこまで血糖値を測定する機会はありません。

機会が少ない場合でも、健康診断を利用したり、薬局などでたまに行われている無料測定会などに参加したりして、できるだけ自分の血糖値を把握するようにしましょう。
血糖値を把握することで、どのくらいのリスクがあるか理解することができます。

また、血糖値を示す指標の1つとしてHbA1cというものもあります。
これは過去数か月の血糖値の状態を反映していますので、血液検査をした際はこの数値にも注目してみてくださいね。

食事の順番を意識する


食事の食べる順番によっても、血糖値の上がり方が異なるのをご存知でしょうか。
糖分や炭水化物を先に摂取してしまうと、その分血糖値が上がりやすくなってしまうという現象です。

まず野菜やたんぱく質から食事を始めることで、食後の血糖値の大幅な上昇を抑えることができます。
同じ食事でも、食べる順番だけで血糖値の上昇を抑えることができるなら、簡単ですよね。

「食べる順ダイエット」ともいう方法ですが、血糖値の急激な上昇を抑えることにもつながります。
次の食事から簡単に取り入れることができる方法ですので、ぜひ試してみてください。

合併症にも注意!


糖尿病になってしまうと、体内の糖分を利用するインスリンというホルモンの働きが落ちてしまいます。
そうすると、糖分だけでなく脂肪分の分解も緩やかになってしまいます。
糖尿病の患者さんは脂質異常症も合併して発症している場合が多く、また食塩過多の生活を送ることで高血圧も起こってしまうことがあります。

食生活の乱れによって、別の生活習慣病を患っている場合は、血糖値も上がる傾向にあります。
他の合併症をお持ちの方は、より一層食生活などに注意する必要があるでしょう。

薬を処方されたら、指示通り飲む


糖尿病をはじめとする生活習慣病は、初期には自覚症状がありません。
血糖値が高くても、イマイチ実感がわかず治療を続けることが困難な方も多くいます。
糖尿病と診断され、薬が処方されても飲み忘れたり、自己判断で飲むのをやめてしまったりと治療に前向きになれない場合も多いでしょう。

しかし、血糖値が高いのを放置してしまうと重篤な合併症になるリスクが大幅に上がってしまいます。
手足を切断したり、失明したりしてしまうところまで病気が進むと、すでに手遅れになってしまっている場合がほとんどです。
もし糖尿病と診断されて薬を処方された場合、必ず医師の指示通りに服用するようにしましょう。

血糖値を下げるお茶を飲む場合も同様です。
自覚症状がないからと言って少し飲んで止めてしまうと、せっかく飲んでも効果が得られなくなってしまいます。

服薬と同じく、お茶も継続が何より大切です。
飲み始めたら、なるべく続けていくようにしましょう。

血糖値を下げるお茶のまとめ


今回は、血糖値を下げるお茶について紹介しました。

血糖値が上がっていくと、糖尿病と診断されます。
糖尿病は進行すると、失明したり、足を切断する予後をたどったりと、大変怖い病気です。
しかし、血糖値が高かったとしても自覚症状に乏しく、治療を途中でやめてしまう方が多いのです。

糖尿病の治療は服薬だけでなく、食事・運動療法やインスリン注射など、つらい治療が多いです。
しかし、血糖値を下げるお茶を簡単に生活の中に取り入れて、少しでも血糖値の上昇を抑えられれば、糖尿病の進行を食い止めることができるでしょう。
もちろんお茶だけではなく、その他の治療を同時に取り入れていくことが最も重要です。

上がってしまった血糖値を下げるためには、根気良さが重要です。
毎日続けやすいお茶を飲んで、血糖値のコントロールをしていきましょう。

【血糖値を下げるお茶ランキングまとめ(再掲)】

商品名価格メーカー
1位:
快糖茶

1,480円
送料無料

14日分
MBH-online
2位:
匠の糖煎坊

1,960円
10回分
株式会社ソシア
3位:
かろやか食卓茶w(ダブル)

1,900円
30回分
宇治田原製茶場
4位:
蕃爽麗茶

2,066円
24回分
ヤクルト
5位:
綾鷹 特選茶

2,952円
24回分
コカ・コーラ
お茶ラボ、line始めました!

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください