中性脂肪を下げるお茶の選び方とおすすめランキング6選

悩み別おススメお茶ランキング
この記事は約24分で読めます。
  • 以前から気になっていた中性脂肪の値を下げたい・・・
  • しんどい食事制限などはしたくない・・・
  • 中性脂肪を大好きなお茶で簡単に下げられたらなあ・・・

こんな悩みや願望、ありませんか?

中性脂肪を下げるためには運動や食事など、心がけなければならないことが多いですが、
忙しい現代人にとっては生活習慣の改善は難しいですよね。

そんなときの選択肢の1つとして、
「中性脂肪を下げる成分を含んだお茶を毎日お手軽に飲んでみる」
という方法があります。
運動や食事制限よりも簡単に中性脂肪にアプローチすることができます。

でも、「お茶って所詮は健康食品でしょう?効果ないんじゃないの?」
と思われるかもしれませんね。

結論から言うとそんなことはありません。
今は大手製薬会社が中性脂肪を下げる効果を持つ成分をお茶にして販売しています^^

今一番人気でおススメなのがこの「大正脂肪茶(血中中性脂肪が高めの方の緑茶)」です。

一日あたり33円から中性脂肪対策がスタートできます。

大手製薬会社の大正製薬が品質・安全管理にこだわって作ったお茶で、薬と違って副作用もなく、安全に美味しく飲むことができます。

今回の記事では、

  • 中性脂肪を下げるお茶の効果やおすすめのランキング情報
  • 中性脂肪を下げる成分の選び方
  • 一番オトクな中性脂肪を下げるお茶生活

について解説していきます。

まず、おすすめの中性脂肪対策のお茶ランキングを紹介しますね!

  1. ひと目でわかるおススメのお茶ランキング
  2. 中性脂肪を下げるお茶は本当に効果があるの?
    1. 中性脂肪を下げるお茶を飲んだほうがいい人とは
  3. 中性脂肪を下げるお茶の特徴
    1. 中性脂肪を下げる効果が期待できる成分が含まれていること
    2. 飲み方や味が選べる
  4. 中性脂肪を下げる効果が期待できる成分
    1. モノグルコシルヘスペリジン
    2. 難消化性デキストリン
    3. 茶カテキン
    4. ケルセチン配糖体
  5. 中性脂肪を下げるお茶の選び方
    1. 買いやすく、続けやすい
    2. お試しできる
    3. 安全性が高い
  6. 中性脂肪を下げるお茶のおススメ比較ランキング
    1. 1位:大正脂肪茶(血中中性脂肪が高めの方の緑茶)
    2. 2位:快糖茶
    3. 3位:ヘルシア 緑茶
    4. 4位:サントリー 緑茶 伊右衛門特茶
    5. 5位:佐藤園のトクホのお茶 緑の搾茶(中性脂肪)
    6. 6位:大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス
  7. 中性脂肪を下げるお茶を飲むときの注意点
    1. いつどうやって飲むといいの?
    2. たくさん飲むと効果も出やすいの?
    3. 薬と併用しても大丈夫なの?
    4. 妊娠時は飲んでいい?
    5. 子供は飲んでも大丈夫?
  8. 中性脂肪値が高くなる原因
  9. 中性脂肪が高いとどうして危険なの?
    1. 脳梗塞
    2. 心筋梗塞
    3. 中性脂肪は低すぎても問題がある
  10. 中性脂肪を下げるために効果のあること
    1. 食事に注意する
    2. 運動を心掛ける
    3. 定期的に健康診断を受けて、自分の状態を把握する
    4. 服薬の指示が出たら、きちんと用法を守って服用する
    5. 合併症に注意する
  11. 中性脂肪を下げるお茶のまとめ

ひと目でわかるおススメのお茶ランキング

まず結論から。
中性脂肪の改善に役立つ成分、お茶の選び方を踏まえて、
実際のおススメ商品をランキング形式で6つ紹介していきますね。

 

商品価格メーカー
1位:
大正脂肪茶
(血中中性脂肪が高めの方の緑茶)

4,104円
30日分
大正製薬
2位:
快糖茶
1,000円
14日分
MBH-online
3位:
ヘルシア 緑茶

2,458円
24日分
花王
4位:
サントリー 緑茶
伊右衛門特茶

3,850円
24日分
サントリー
5位:佐藤園のトクホのお茶
緑の搾茶(中性脂肪)

2,839円
30日分
佐藤園
6位:大人のカロリミット
玉露仕立て緑茶プラス

3,180円
24日分
ファンケル

中性脂肪を下げるお茶は本当に効果があるの?


健康食品の中には、

  • 特定保健用食品(トクホ)の許可を得たもの
  • 機能性表示食品の届け出をしているもの

などがあります。

これらはただの健康食品とは異なり、「ある一定の効果を認められた成分を含んだ商品」ということになります。

中性脂肪を下げるお茶は、このような比較的信頼できる成分を含んでいるものが多いですので、ただの健康食品よりも効果が期待できるんです。

しかし、医薬品などとは異なり、飲んだからといって絶対に効果があると証明されたものではありませんし、途中で止めてしまうと無意味になってしまうことも多いです。

中性脂肪を下げる効果をより発揮するため、指示通りの量を毎日続けていくのが最も重要になります。

中性脂肪を下げるお茶を飲んだほうがいい人とは


まず、すでに健康診断で中性脂肪の異常値を指摘されている方にはおススメ。
健康診断などで指摘された軽度な異常値の場合、服薬に入る前に食事指導や運動療法の指導が行われることが多いです。

このときに食事・運動療法と併用して中性脂肪を下げるお茶を飲むと、食事と運動だけのときよりも、より効果を期待することができます。

まだ健康診断で指摘されていない方の中でも、営業で飲み会が多い方や、深夜にご飯を食べている方などは中性脂肪が体に蓄積しやすい傾向にあるので、おススメです。
「まだ若いから大丈夫でしょう…。」と思っていても油断禁物です。

20代のころからすでに中性脂肪の高い方はいます。

忙しい方は運動しているヒマがなかったり、食事に気を付けようと思ってもなかなか難しかったりします。
日々の生活の中に取り入れやすいお茶はおススメの摂取方法です。

中性脂肪を下げるお茶の特徴


では、中性脂肪を下げるお茶にはどのような特徴があるのでしょうか?

「中性脂肪を下げる」とパッケージに紹介があっても、お茶の主成分にはいくつか種類があり、それぞれ効果が異なります。
ただの健康食品でなく、「いかに信頼できる成分を含んでいるか」が重要になります。

また、毎日続けることがポイントになるため、自分の生活リズムに合った飲み方ができることや、好きな味を選ぶことが重要です。

中性脂肪を下げる効果が期待できる成分が含まれていること


体内の中性脂肪を下げる成分を含んでいなければ、「中性脂肪を下げる」という表記をパッケージに記載することはできません。
そもそもこの表記がされている商品を見つけることが、まず1つ目のポイントです。

中性脂肪を下げる効果のある成分は様々なものがあります。
その中でも特定保健用食品(トクホ)や、機能性表示食品の表示をしているものは、比較的信頼性の高い成分を含んでいると言えるでしょう。

特定保健用食品(トクホ)の許可を得ているものは、有効性や安全性などの科学的根拠を示して、国の審査のもとに消費者庁の許可を受けた食品。
機能性表示食品は、科学的根拠を基に、商品パッケージにその機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品のことを指しています。

このいずれかの表示をしてある商品が、中性脂肪を下げるお茶の中でも比較的信頼できる成分を含んでいるといえるので、商品選択の際に参考になるでしょう。

飲み方や味が選べる


中性脂肪を下げるお茶を選択する際、意外と忘れがちなのが味や飲み方です。
健康食品といえば、青汁などの美味しさに難のあるものを思い浮かべる方がたくさんいます。
ですが、中性脂肪を下げるお茶は味にこだわって作られているものが多いです。

美味しくないものでも続けられれば問題ありません。
でずが、ぜひ毎日摂取したいものですので、味も重要な要素になります。

中性脂肪を下げるお茶は、緑茶ベースの美味しいものが多いですので、自分のお気に入りの商品を選んでみてください。

また、飲み方も様々です。
すでにボトリングされているペットボトルのものから、粉末状のコンパクトなものまで色々な商品があります。
自分のライフスタイルに合ったお茶を選択することができるのも、中性脂肪を下げるお茶の特徴です。

中性脂肪を下げる効果が期待できる成分


血中の中性脂肪値を下げる効果が期待できる成分は、いくつか存在します。

中性脂肪値を下げると言っても、

  • 食事中の脂肪分が体内へ吸収されるのを抑えるもの
  • すでに体内にある脂肪分を分解するのを手伝う作用のもの

が存在します。

食事中の脂肪分の体内への吸収を抑えるものは、食事と一緒に摂取することでより効果が期待できます。
高脂質の食事が気になるときに、食事と一緒に飲んでみるのがもっともおススメです。

すでに体内にある脂肪分を減らすタイプの成分は、1日のうちいつ飲んでも効果が期待できます。
すでに健康診断などで体脂肪や内臓脂肪の異常を指摘されている方は、1日1回から飲んでみることをおススメします。

それでは、血中の中性脂肪値を下げる効果が期待できる成分について解説していきます。

モノグルコシルヘスペリジン


中性脂肪の元となっている脂肪酸は、食事から摂取した脂肪が体内に吸収されることで増えるほか、なんと炭水化物(糖質)から合成されるルートも存在するのです。
モノグルコシルヘスペリジンは、この炭水化物から脂肪酸を合成するのを抑えるはたらきがあります。

また、モノグルコシルヘスペリジンは、できてしまった脂肪酸を分解して、体内に中性脂肪として蓄積するのを防ぐはたらきがあります。
これらの2つの作用があるため、モノグルコシルヘスペリジンを摂取することで血中の中性脂肪を下げる効果が期待できるのです。

モノグルコシルヘスペリジンが入っているお茶について詳しく見る >>

難消化性デキストリン


難消化性デキストリンは、食物繊維の一種です。
難消化性デキストリンは、食事中の糖分に対しては、消化管での吸収を邪魔して抑えるはたらきがあります。
また、食事中の脂肪分に対しては、ミセルと呼ばれる脂肪酸と胆汁酸のかたまりを安定化させ、消化管からの吸収を抑制するはたらきを持ちます。

このように、食後の急激な血糖値の上昇や脂肪酸の吸収を防ぐことが期待できますので、食事と一緒の摂取がおススメの成分です。

また、難消化性デキストリンは腸の調子を整える効果があります。
便秘気味の方が毎日摂取することで、より良いお通じが期待できます。
あまり摂取しすぎるとお腹が緩くなってしまう可能性があるので、難消化性デキストリンが配合された健康食品を摂取する場合は、推奨されている用量を守るようにしましょう。

難消化性デキストリンが入っているお茶について詳しく見る >>

茶カテキン


茶カテキンは、緑茶に含まれる成分の1つです。
すでについてしまった内臓脂肪の代謝を上げて、脂肪の燃焼を促すとされています。

人間はもともと、内臓脂肪を燃焼させる力を持っていますが、茶カテキンはこのはたらきを強くする効果が研究発表されています。
茶カテキンを摂取するだけでも効果が期待できますが、運動などを併用すると更に脂肪燃焼に効果的でしょう。

難消化性デキストリンが入っているお茶について詳しく見る >>

ケルセチン配糖体


ケルセチンは、植物由来の体脂肪の分解を助ける成分です。
花のつぼみからとれたポリフェノールの一種で、人間の体内にある脂肪分解酵素のはたらきをサポートして、体脂肪を減らすのを助けます。

ケルセチンは、すでに体内にある脂肪の燃焼を促す成分のため、食事と一緒でなくいつでも摂取して効果が期待できるのがポイントです。

ケルセチン配糖体が入っているお茶について詳しく見る >>

中性脂肪を下げるお茶の選び方


中性脂肪値を下げるお茶は、しっかり効果が期待できる成分を配合していることがもっとも大切です。
しかし、健康食品は継続が何よりも大切です。
毎日続けやすいというのも、商品を選ぶうえで大きなポイントになります。
どんなお茶が続けやすいお茶なのか、選び方のポイントを紹介します。

買いやすく、続けやすい


まずは、手軽に買えることが大切です。
スーパーなどで簡単に手に入るのももちろん手軽ですが、継続という意味では定期購入できる商品がおススメです。

最初はしっかり飲んでいるつもりでも、半年や1年続けていくうちに、家族も一緒に飲むなどで消費が増えたり、買い忘れてしまったりなどで、一時的に飲めなくなってしまうというトラブルが考えられます。
その点定期購入の場合は、自分が注文を忘れてしまっても、自動的に定めた期間で送ってくれるため、安心です。

定期購入する場合は、購入価格がお手ごろになったり、毎回送料無料になったりする場合が多いので、コスパの面でもおススメの購入方法です。

お試しできる


簡単にお試しできて、合わない場合にはすぐに中止することができるのも商品を選ぶポイントです。
具体的には、初回購入がとてもお手頃だったり、定期購入でもすぐに解約できるようなシステムがあったりするお茶を選ぶと安心です。

特に、中性脂肪値を下げるお茶の場合は摂取を続けることでお腹が緩くなることがある商品が多いです。
そういうときに、一時中止したり、配送ペースを調節したりできる商品だとより便利でしょう。

安全性が高い


中性脂肪を下げるお茶をはじめとする健康食品は、きちんと製造管理されている商品がほとんどです。
その中でも特定保健用食品(トクホ)の許可を得ていたり、機能性表示食品の届け出をしていたりすると、成分に信頼性がありおススメです。

中性脂肪を下げるお茶のおススメ比較ランキング


ここまでで中性脂肪を下げるお茶に含まれている成分や選び方を解説しました。

実際のおススメの中性脂肪を下げるお茶ランキングを表と詳しい解説付きで見ていきましょう!

 

商品価格メーカー
1位:
大正脂肪茶
(血中中性脂肪が高めの方の緑茶)

4,104円
30日分
大正製薬
2位:
快糖茶
1,000円
14日分
MBH-online
3位:
ヘルシア 緑茶

2,458円
24日分
花王
4位:
サントリー 緑茶
伊右衛門特茶

3,850円
24日分
サントリー
5位:佐藤園のトクホのお茶
緑の搾茶(中性脂肪)

2,839円
30日分
佐藤園
6位:大人のカロリミット
玉露仕立て緑茶プラス

3,180円
24日分
ファンケル

 

1位:大正脂肪茶(血中中性脂肪が高めの方の緑茶)

  • 中性脂肪を低下させる作用のある「モノグルコシルヘスペリジン」を配合
  • 1日1杯、コップ半分ほどの摂取でOK
  • 大手製薬会社の大正製薬が作った健康茶だから副作用もなく安全!

血中の中性脂肪を低下させる作用のある、モノグルコシルヘスペリジンを含んだトクホのお茶です。
モノグルコシルヘスペリジンは脂肪酸の合成を抑制します。
さらに脂肪酸の分解を促進する効果もあり、血中の中性脂肪を低下させる作用を持っている成分です。

成分にこだわりがあるのはもちろん、静岡県産の一番茶を使用しており、味にも強いこだわりがあります。
1日1杯、コップ半分程度の水かお湯に溶かして飲みます。
飲むタイミングはいつでも良く、飲みやすく続けやすい商品です。

また、大手製薬会社の大正製薬が研究と度重なる試験を行って開発しているので
中性脂肪を下げる成分の効果検証や安全面もバッチリです。

2位:快糖茶

  • 難消化性デキストリン配合で、中性脂肪や血糖値の上昇を抑える
  • 緑茶・抹茶・玄米茶のトリプル配合で、飲みやすく調製
  • 国際水準レベルでの安全管理をしており、安心品質
  • 14日分1000円でお試し購入可能

快糖茶は、中性脂肪や血糖値を下げる成分として難消化性デキストリンを含んだお茶です。
消費者庁に認められた機能性表示食品の届け出をしています。
緑茶を中心として、抹茶・玄米茶を配合しており、食事にも合う飲みやすいお茶です。

快糖茶は初回14日分を1,000円で購入することができます。
初回は14日分なので、簡単にお試しができて安心ですね。

2回目以降も37%オフの金額で継続することができて、大変おトクです。

定期コースの解約に関してですが、次に届ける10日前までに連絡することとで簡単に解約できますよ。

中性脂肪を下げることに特化したお茶としては大正脂肪茶がイチオシです。
が、もし大正脂肪茶があまり体に合わなかった場合は
別成分で中性脂肪と血糖値にアプローチできる快糖茶がおススメです。


3位:ヘルシア 緑茶

  • 内臓脂肪を減らすのを助ける、「茶カテキン」配合
  • 好きなタイミングで飲むのを推奨、続けやすい緑茶
  • ペットボトルで1日350mL、お湯を沸かす手間なし
  • 全国のコンビニエンスストアなどで入手可能

ヘルシア緑茶には、内臓脂肪を減らすことを助ける、茶カテキンが含まれています。
茶カテキンは緑茶を濃く入れることなどで摂取可能の成分ですが、濃く入れた緑茶は苦いお茶が得意でない方には継続が困難です。
ヘルシア緑茶は、緑茶の美味しさをそのままに、茶カテキンを540mg配合しました。

美味しく無理なく継続することのできる、トクホのお茶です。
コンビニやスーパーで入手できるのも大きな特徴です。
ただし、毎回買うのが面倒だったり、売り切れのリスクも多少あります。

一日あたりの価格のお得度や中性脂肪を下げる成分に特化できていないため、
今回のランキングでは大正脂肪茶や快糖茶が上位に来る形となりました。

ペットボトルタイプのお茶は場所も取りますし、
買い物でも重たい荷物になってしまいますしね。。。

4位:サントリー 緑茶 伊右衛門特茶

  • 体脂肪を減らすのを助ける、「ケルセチン配糖体」配合
  • 食事に関係なく摂取できる、手軽なペットボトルタイプ
  • 京都福寿園が厳選した国産茶葉使用、飲みやすさも重視
  • 全国のコンビニ・スーパーなどで販売

伊右衛門特茶には、体脂肪の代謝を助ける、ケルセチン配糖体が含まれています。
ケルセチン配糖体は食事のタイミングに関わらず、いつ摂取しても問題ない成分ですので、伊右衛門特茶は好きなタイミングで1日1本飲んで、体脂肪にアプローチすることができます。

伊右衛門特茶は、京都福寿園が厳選した国産の緑茶を100%使用しており、健康食品と感じさせない美味しさで続けやすい、トクホの飲料です。

こちらも身近なお店で手に入る良さはありますが、1本あたりで考えると割安感はなく、
ペットボトルのお茶なので何本も買うのは大変です。

通販で買ってもいいですが、たくさんの本数を買うと場所を取ります。
大正脂肪茶や快糖茶など粉末タイプのお茶をメインにし、外出時の水分補給に適宜飲むくらいがちょうど良いでしょう。

created by Rinker
特茶
¥3,927 (2024/03/05 02:41:27時点 Amazon調べ-詳細)

5位:佐藤園のトクホのお茶 緑の搾茶(中性脂肪)

  • 中性脂肪を減らすのを助ける、「モノグルコシルヘスペリジン」配合
  • コンパクトで、お湯でも水でも溶けるスティック粉末状
  • 食事と一緒に飲みやすい、緑茶タイプ
  • 定期購入の場合は、公式サイトにお問い合わせで対応してくれる

緑の搾茶は、モノグルコシルヘスペリジンが中性脂肪を下げる成分として含まれています。
1日1杯で効果が期待できて、食事と一緒に摂取するのがおススメです。

スティックタイプの粉末茶で、持ち運びにも便利です。水にも溶けるので、夏はアイスで飲んでみるのも美味しいでしょう。

amazonと公式サイトでの購入のそれぞれの場合で、お値段は特に変わりません。
ただ、定期購入を希望する際は公式サイトに問い合わせをすると対応してくれるようなので、継続したい場合は公式サイトでの購入をおススメします。

大正脂肪茶と同じ成分を含んだ粉末茶ですが、
お試し価格が存在せず、値段が高いので大正脂肪茶の方がおススメです。

6位:大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス

  • 中性脂肪の吸収を抑える成分として、難消化性デキストリン配合
  • お弁当などと一緒に摂取しやすいペットボトルタイプ
  • 9種類の緑茶と、玉露入りで美味しさにもこだわり
  • コンビニ・スーパー・amazonなどでも入手しやすく、続けやすい

大人のカロリミットには、食事中の脂肪の吸収を抑える食物繊維、難消化性デキストリンが含まれています。
難消化性デキストリンは、食事中の脂肪や糖の吸収を抑えるはたらきがありますが、お腹の調子を整える効果も期待できます。
お通じの滞りやすい女性におススメです。

また、カロリミットはスーパーやドラッグストアでも入手しやすいので、外出先などでも手軽に摂取することができます。
ただ、やはりペットボトルタイプなので毎日の継続性では若干劣りますね。

大正脂肪茶や快糖茶などの粉末茶でしっかり朝食や夕食に飲み、
外出時の水分補給にペットボトルタイプを適宜飲むのがおススメです。

created by Rinker
ダイドードリンコ
¥2,650 (2024/03/05 02:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

中性脂肪を下げるお茶を飲むときの注意点


これらのお茶は、医薬品ではなく健康食品のため、絶対に守らなければならないという決まった用法はありません。
しかし、体内に直接取り入れるものなので、飲み合わせがよくないものがあったり、飲まない方が賢明だったりするパターンも存在します。

中性脂肪を下げるお茶は、どのようなことに注意して飲むのがいいのか、よくあるケース別に紹介していきます。

いつどうやって飲むといいの?


いつ飲むのがいいのかは、含まれる成分などによって異なります。
中性脂肪を下げるお茶は健康食品のため、基本的にいつ飲んでもいいとされていますが、飲み方に気を付けたい商品もありますので、注意がいるでしょう。

たとえば、食事中の脂肪分の吸収を抑える難消化性デキストリンを含んでいるお茶は、食事と一緒に摂取することでよりよい効果が期待できます。
逆に、モノグルコシルヘスペリジンなどの、すでに定着してしまった脂肪分の分解を助ける成分が含まれている場合は、いつ摂取しても大丈夫です。

また、注意したいのがカフェインです。
カフェイン入りのお茶がほとんどなので、寝る前などに摂取してしまうと、眠れなくなってしまう恐れがあります。
いずれの成分を含んでいる場合でも、寝る前は避けた方がベターでしょう。

たくさん飲むと効果も出やすいの?


たくさん飲むことで、より中性脂肪を下げる効果があるように思いますが、今回紹介したお茶は1日の摂取推奨量で十分に効果が期待できます。
基本的に、いずれも1日1杯で標準量とされていますので、自分の良いタイミングで続けていくことが重要です。

特に難消化性デキストリンを含んでいるお茶を選択した場合、飲みやすいからと飲みすぎてしまうと、お腹が緩くなってしまう可能性があります。
指示された量を毎日続けることが、中性脂肪を下げるポイントになります。

薬と併用しても大丈夫なの?


基本的に問題ないことがほとんどですが、普段から服用している薬がある場合は主治医に相談してみた方が安心です。
まれに、お茶に含まれるカフェインと相性の悪いお薬もありますし、お通じのお薬と一緒に飲むと下痢になってしまう可能性もあります。

もともと中性脂肪を下げる薬を飲んでいる方は、食事療法の一環としても中性脂肪を下げるお茶はおススメなので、医師と相談して自分に合った成分の商品を選んでみてください。

妊娠時は飲んでいい?


カフェインを含んでいるお茶ですので、気になる場合はやめておいた方がいいでしょう。
妊娠中のカフェインは、胎児の血管に影響を及ぼすとされていますが、摂取しすぎなければ問題ないというデータもあります。

妊娠中の体重管理などでどうしても気になる場合は、主治医の産科医に相談してから購入したほうがいいでしょう。
難消化性デキストリンなどが含まれているお茶を選ぶ場合は、下痢などの恐れもありますので、妊婦さんは特に注意してください。

 

子供は飲んでも大丈夫?


お子さんが飲む場合は、大人の用量をいきなり与えるのではなく、少量から試してみることをおススメします。
お子さんは体重が少ないため、大人よりも成分の影響を大きく受けやすいことがあるからです、

しかし、お子さんの中性脂肪が気になる場合は、そもそも別の疾患が隠れている可能性が高いです。
血液検査などで異常を見つけた場合、まずは医療機関に相談するのがベターです。

中性脂肪値が高くなる原因


中性脂肪が高くなる原因は、食事中の脂肪分(トリグリセリド)が1つの大きな原因です。
食事から摂取された脂肪分は、小腸などで吸収されて血液中に運ばれます。

脂肪分の代謝がしっかり行われている環境の場合、脂肪は燃焼されてエネルギーになります。
しかし、エネルギーとして使われないと、中性脂肪として体内に蓄積していってしまうのです。
このことから、食事で脂肪分を過剰に摂りすぎていること、また運動不足でエネルギーを使わないことが、中性脂肪の蓄積の原因とされているのです。

また、もともと中性脂肪が上がりやすい病気がある場合も注意が必要です。
糖尿病の患者さんだったり、腎臓に疾患があったりする場合なども、中性脂肪が上がりやすい原因となる場合があります。
これらの病気がある場合は、原疾患の治療と一緒に中性脂肪を下げる治療も必要となる場合が多いです。

中性脂肪が高いとどうして危険なの?

中性脂肪が高くても、特に初期は無症状であることがほとんどです。
血液検査の異常で指摘されることがある中性脂肪の値ですが、これが高いとどのような危険性があるのか、紹介していきます。

脳梗塞


体内の中性脂肪値が高いと、血液はドロドロで血管に脂肪がつきやすい状態です。
その状態が続くと血栓ができて血管が詰まりやすくなり、それが原因で脳の血管が詰まってしまうと、脳の一部に酸素や栄養が届かなくなってしまいます。
そうすることで、脳の一部が壊死してしまうという現象が起こります。これが脳梗塞です。

脳の壊死する場所によっては、半身不随などの重篤な後遺症が残ってしまう場合もあり、危険な病気です。

いきなりろれつが回らなくなったり、それまでは立っていたのにいきなり歩けなくなったりすることが初期症状としてあります。
早期発見が大切な病気ですので、おかしいと思ったらすぐに救急車を呼ぶことが何よりも重要です。

心筋梗塞


血管が詰まるリスクがあるのは脳だけではありません。
血栓が心臓の血管にできてしまうと、心臓の細胞が壊死してしまうこともあります。これが心筋梗塞です。

心臓の細胞が壊死すると、心臓のポンプ機能が失われていきます。
心臓は全身に血液や栄養素を送る大切な臓器です。機能が失われることで、命にかかわる事態になります。

心筋梗塞の場合も、早めの対処が重要になります。
ひどい胸の痛みが30分以上続く場合は心筋梗塞の可能性がありますので、そのような症状が出たらすぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

中性脂肪は低すぎても問題がある


ここまで中性脂肪が高すぎることによるリスクについて解説しましたが、急激なダイエットなどで中性脂肪を極端に減らすことも問題です。
中性脂肪は摂取しすぎるとリスクをもたらしますが、同時に人間の体内で必要なものでもあるからです。

中性脂肪は体内のエネルギーを蓄えるはたらきがありますので、減らしすぎるとエネルギー不足に陥ってしまう場合があります。
低体温や代謝不良など、エネルギー不足は体のいろいろなところに不調をもたらす可能性があります。

健康的な生活を維持するためには、適度に中性脂肪を摂り、その他の栄養もバランスよく摂ることが大切です。
その点でも、ストイックすぎない食生活の改善と中性脂肪を下げるお茶の組み合わせは、かなり良い相性だと言えるでしょう。

中性脂肪を下げるために効果のあること


お茶を毎日飲むことも大切ですが、それと一緒に生活習慣の改善を行うことで、より中性脂肪を下げる効果を期待することができます。
食事療法・運動療法と聞くと大変そうに聞こえますが、普段の生活の中で簡単に取り入れることができるものもありますので、ぜひ実践してみてください。

食事に注意する


中性脂肪を上げすぎないようにするには、食生活に注意することが第一です。
当然、毎食のように高脂肪の食事を摂取していると、体内に脂肪が蓄積されていきます。
糖質もまた、燃焼しきれないと脂質となって体に定着します。
中性脂肪が気になる場合は。低糖質・低脂質・高たんぱくな食事を心掛けることが重要です。

普段お肉中心ならお魚を中心にしてみる、野菜を積極的に摂るなどの基本的なことは大切ですが、いきなり生活習慣を変えるのは難しいですよね。
普段外食やコンビニ弁当が多い方なら、最近開発されているヘルシーなものをなるべく選んでみること、揚げ物を避けてみるなど、生活習慣を変えずに小さなことから気を付けることは可能です。

中性脂肪を減らすお茶とも相性のいいメニューはたくさんあるので、できることからぜひ試してみてください。

運動を心掛ける


運動を心掛けて、脂肪の燃焼を促すこともまた中性脂肪を減らす手助けになります。
しかし、運動もいきなり習慣づけることは難しいです。
とりあえずスポーツジムに通い出しても続かない、というパターンは多々あります。

運動も高負荷のものを少し行うのではなく、無理のない範囲のものを毎日継続することが重要です。
1日30分程度のウォーキングなどからで問題ないので、自分でも行いやすい範囲の運動をしてみましょう。
まとまった時間がない場合でも、通勤や買い物の交通手段を徒歩や自転車に置き換えるだけで、だいぶ運動量の確保につながります。

 

定期的に健康診断を受けて、自分の状態を把握する


サラリーマンの方は年1回の健康診断が義務付けられていますので、ここで中性脂肪をはじめとする、生活習慣病の申告をされることが多いですよね。
しかし、専業主婦やフリーランスの方は、この健康診断が義務ではないため、中性脂肪が高くても気付けないことが多いです。

中性脂肪や血糖値、高血圧などは健康診断で発見しなければ、無症状のため放置されることがほとんどで、いずれも症状が出る際には重篤な病気になっていることがあります。
健康診断が義務付けられていない方も、早期発見のために年1回は健康診断を受けたほうがいいでしょう。

服薬の指示が出たら、きちんと用法を守って服用する


健康診断などで異常を指摘されて、実際の治療を行う際に薬を飲むこともあると思います。
中性脂肪を下げる薬は、1回飲んだからといってすぐに効果が出るものではありません。その点は中性脂肪を下げるお茶と同じです。

根気よく検査をしつつ継続して、中性脂肪を下げた状態でキープできることが治療の目標になります。
一旦下がってきたからといって、生活習慣を変えずに薬を中断してしまうと、良くなってきたはずの中性脂肪がまた上がってしまうという事態になりがちです。

薬を処方された場合は、必ず医師や薬剤師の指示に従って、自己判断で中止しないようにしましょう。

合併症に注意する


中性脂肪を上げる要因は、栄養の偏りや運動不足だけではありません。
他の病気が原因で中性脂肪が上がってしまうことがあります。

中性脂肪を上げる病気の代表としては、糖尿病や腎臓病、甲状腺機能低下症などが挙げられます。
しかし、何が原因で中性脂肪が高いのかは、自分で判断することは難しいもの。
ただ中性脂肪が高いだけとは限らないので、やはり定期的な健康診断は大切です。

中性脂肪を下げるお茶のまとめ


今回は、中性脂肪を下げる効果が期待できるお茶について紹介しました。

中性脂肪は一度体に蓄積すると数値が下がりにくいため、悩んでいる方が多いです。
生活習慣の改善はある程度の効果が期待できますが、毎日質素な食事や運動はなかなか続かないものです。

お茶をうまく併用することで、食事療法や運動療法単独よりも、簡単に中性脂肪を下げることが期待できます。
お茶という飲みやすいかたちで摂取できるので、普段の食事やおやつと共に毎日無理なく摂取できるというのも大きな利点ですね。

中性脂肪でお悩みの方は、生活習慣の改善と一緒に中性脂肪を下げるお茶を摂取するのがおススメ。
自分に合った商品を選んで、ずっと健康的な生活を送れるようにしていきましょう。

このお茶が一番!というものが決まっていなければ、
まずは効果や料金面や安全面から大正脂肪茶を試してみるのがおススメですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました