ハーブティーコラム

【ハーブティーの原産国まとめ】原産国によって味や香りにも違いが?美味しいハーブティーの選び方!

【イチオシダイエット茶おススメランキングbest3】
商品価格成分
1位:快糖茶 糖質カットで痩せたい人向け 1,480円/14日分 難消化性デキストリン、カテキン
2位:快調茶 割安価格でダイエット 780円/30日分 難消化性デキストリン、センノシド
3位:黒モリモリスリム 便秘と宿便解消でダイエット 380円(5日分) ゴールデンキャンドル


ハーブ選びの際、同じハーブでも原産国が違うものがあり、困ってしまうことがありませんか?

今やハーブは世界中で広く栽培されています。
原産国も、ヨーロッパ産やアメリカ産、南米産、果てはアジアや日本産のものも。
どの原産国のハーブが一番いいのか、これでは選ぶのも一苦労ですね。

更に原産国が違うだけでハーブティーの味や香りにも違いが出てくる為、適当に選ぶことは出来ません。
では美味しいハーブティーを作る為には、どの国のハーブを選べばいいのでしょうか。

この記事では、

  • ハーブティーの原産国が違うと味や香りも違う理由
  • 美味しいハーブティーの選び方
  • 原産国にこだわりたいハーブティー
  • 国産でも美味しく飲めるハーブティー

について詳しくご紹介します。

ハーブティーは原産国が違うと味や香りにも違いがあった!


実はハーブティーは使用するハーブの原産国が違うだけで、味や香りにも違いが現れます。

その理由は、ハーブが育つ気候や風土が国によって全く違うこと。
育つ環境が違えば、味や香りが変わってくるのは当然のことと言えますね。

同じハーブティーを飲んでも、まずかったり美味しかったりしてしまうのは、ハーブの原産国の違いによるのかもしれません。

せっかくハーブティーを飲むなら、一番美味しいハーブで淹れたお茶を味わいたいもの。
美味しいハーブを選ぶための重要なポイントとは何なのでしょうか。

最も美味しいハーブティーの選び方


最も美味しいハーブティーを味わうには、どのような基準でハーブを選べばいいのでしょうか。

基本的には、「そのハーブの元々の原産地で育ったもの」を選ぶと外れがありません。
何故かというと、原産地というのはそのハーブが生き生きと育つ条件が一番揃った環境になっている為です。
よって、原産地で育ったハーブを使ったハーブティーが一番美味しくなると言えるでしょう。

または、現在最も多く世界に輸出している産地のハーブを選ぶのもいいでしょう。
世界中に多く輸出しているということは、その産地のハーブの需要が最も高いということ。
それだけ人気があり、美味しいハーブです。

ただし、それが日本でも広く栽培されているハーブであれば、国産のものでも美味しく頂くことが出来ます。
原産地のハーブを使ったハーブティーと飲み比べて、味の違いを楽しんでみるのも楽しそうですね。

原産国にこだわりたいハーブティー5選!

まずは、買うときに必ず原産国をチェックしたい、原産国にこだわりたいハーブティーを5つご紹介します。

ルイボスティー


近年、人気のお茶の仲間入りを果たしたルイボスティー
綺麗な赤茶色で、ほのかに甘みがありすっきりとした味わいのハーブティーですね。

美容効果を始め、むくみや冷え性改善、生理痛や更年期症状緩和など、女性に嬉しい効能があることで知られています。

そんなルイボスですが、実は南アフリカの一部の場所でしか栽培できないとされています。
つまり、南アフリカ産以外のルイボスはルイボスと呼べないことになります。
もし、南アフリカ産以外のルイボスティーがあった場合は避けようにしましょう。

ルイボスティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法 ルイボスティーはダイエットや生活習慣病予防、アレルギー症状の改善に役立つお茶として今や大人気。 豊富な抗酸化物質が老化を防いでくれ...

ローズヒップティー


薄く柔らかな赤色に色付いたローズヒップティーは、ほのかなバラの香りと、甘酸っぱさが特徴。
ハイビスカスとブレンドされることも多いハーブティーで、美容効果が期待出来ます。

原産国は南米のチリで、現在も世界に流通しているローズヒップの9割はチリ産のものだと言われています。
圧倒的な流通量を誇るということは、それだけ人気があるということ。
チリ産のローズヒップなら絶対に外れないと言えそうですね。

ローズヒップティーの気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? https://www.youtube.com/watch?v=qdoAozE_H7s&feature=youtu.be...

ハイビスカスティー


鮮やかなルビー色と甘酸っぱい味が特徴的なハイビスカスティー
疲労回復や美容効果が高いことから、特に女性に人気のあるハーブティーとして知られています。

原料になるローゼルは、西アフリカ原産と言われていますが、アジアでも古くから栽培されています。
日本でも沖縄など温暖な気候の場所で育てられていますよ。

しかし、一番おすすめなのはエジプト産のハイビスカスティーです。
実はエジプト産のハイビスカスティーは世界最高品質とされ、エジプトの定番土産になっているほど。
ハイビスカスティーを購入する際は、是非エジプト産のものを選んでみてください。

ハイビスカスティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法ハイビスカスティーはローゼルが原料となっています。 ハイビスカスと同じ仲間の植物で、和名はロゼルソウ。 ローゼルは食用品種で、テ...

エルダーフラワーティー


エルダーフラワーティーは、マスカットのような甘い香りが特徴的。
味もほのかに甘みがあるクセのないハーブティーで、風邪予防や花粉症対策に効果的とされています。

エルダーフラワーは、ヨーロッパが原産のハーブです。
現在は世界各地で栽培されていますが、日本ではあまり行われていない様子。

エルダーフラワーティーを選ぶ場合は、最も栽培が盛んで、昔から利用されてきたヨーロッパ産のものがおすすめです。

エルダーフラワーティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法 エルダーフラワーティーは、風邪のひき始めや花粉症のグズグズに役立つハーブティー。 発汗作用や利尿作用にも優れ、むくみをとってカラダ...

マルベリーティー


桑茶として知られるマルベリーティー
濃い緑茶のような味で飲みやすく、糖の吸収を抑える効果があります。

桑は日本原産の植物。
よってマルベリーティーも日本産以外の選択肢はない、と言ってもいいでしょう。

マルベリーティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法マルベリーは、糖の吸収を抑える効果が期待できるハーブです。 和名は「桑」です。和名であれば、聞いたことがある人もいるのではないでしょう...

国産でも美味しく飲めるハーブティー5選!

原産国にこだわりたいハーブとは反対に、日本産ハーブでも美味しく飲めるハーブティーも存在します。

国産は安心感がある上に、輸入品よりも安く手に入ることもあり、手軽に取り入れやすいという利点がありますね。

国産でも美味しく飲めるハーブティーには、どのようなものがあるのでしょうか。

ラベンダーティー


心安らぐ華やかな香りが特徴のラベンダーティー
リラックス効果があり、人気のハーブティーの一つとして知られています。

ラベンダーの原産地は地中海沿岸やインド、北アフリカなど。
ラベンダーの栽培地として最も知名度が高いのは、南フランスのプロヴァンス地方です。

また現在、ラベンダーは日本国内でも広く栽培されています。
国内では、北海道富良野地方のラベンダー畑が有名ですね。

南フランス産と日本産のラベンダーティーを、それぞれ飲み比べてみるのも楽しそうです。

ラベンダーティーの気になる味は? 効果・効能、飲み方を解説! 副作用や妊娠時の心配事は? ラベンダーは地中海沿岸やインドなどが原産地とされる、シソ科の半木本性植物です。 紫色の花が有名ですが、他にピンクや白の花も咲かせま...

カモミールティー


ハーブティーの中で人気ナンバー1のカモミールティー
リンゴに似た甘い香りで飲みやすく、安眠効果がある為おやすみ前の一杯におすすめです。

カモミールの主な原産地はヨーロッパですが、現在は世界中で広く栽培がされています。
日本国内でも国産のカモミールティーを見つけることが出来ますよ。

ジャーマンカモミールティーの効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法カモミールはキク科の白い花で、花の部分をハーブティーにします。 りんごに似た甘い香りが特徴で、安眠・リラックス作用があると言われていま...

レモングラスティー


爽やかなレモンの香りがする、レモンティーのような味わいのレモングラスティー
さっぱりとしていてとても飲みやすい為、初心者でも挑戦しやすいハーブティーです。
主に消化を促進する効果が期待出来ます。

レモングラスの原産地は東南アジア。
育てやすいハーブの為、日本でも栽培されており、ネット通販では国産のレモングラスティーが多く流通しています。

レモングラスティーの気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は? レモングラスは、リフレッシュ効果や風邪予防、食欲ないときのサポートになるハーブです。 レモングラスはイネ科の植物で1mほどの高...

ペパーミントティー


ペパーミントティーは、清涼感あるミントのスーッとした香りが特徴的なハーブティー。
主に胃腸の調子を整える働きがあります。

ヨーロッパが原産地のペパーミントですが、現在は日本でも広く栽培されています。
その為、国産のペパーミントティーも簡単に見つけることが出来ますよ。

ペパーミントティーの効果・効能や味とは?正しい作り方やオススメ入手法も徹底解説! ペパーミントは、シソ科ハッカ属の多年草でヨーロッパが原産です。 和名はセイヨウハッカと言い、アロマテラピーやガムなどの菓子類、...

ブルーマロウティー


別名コモンマロウティーとも呼ぶブルーマロウティーは、美しい水色のハーブティーです。
レモンを加えると、色が紫色に変化することでも有名。
味はほとんどなく、ほのかに花の香りが香る程度です。
咳やのどの痛みを鎮める効果があり、風邪の引き始めによく飲まれています。

ブルーマロウの原産地はヨーロッパ。
現在は日本でも栽培をしている場所があり、信州産や岡山産のものが見つけられました。

ブルーマロウティーの効果・効能や味は?正しい作り方やオススメ入手法 ブルーマロウティーはお茶の色が青から徐々に変化するハーブティーです。 レモン汁を加えるとピンク色に変化することもあり、「夜明けのハ...

まとめ

ハーブティーは、原産地が違うと、味や香りにも違いが現れることが分かりました。

最も美味しいハーブティーを作るには、原産地で育った、もしくは世界的に流通量の多いハーブを選ぶことが重要です。

その中でも原産国にこだわりたいハーブティーは、

です。

国産でも美味しく飲めるハーブティーは、

です。

ハーブを購入する際は原産国もチェックして、より美味しいハーブティーを作りましょう。

【イチオシダイエット茶おススメランキングbest3】
商品価格成分
1位:快糖茶 糖質カットで痩せたい人向け 1,480円/14日分 難消化性デキストリン、カテキン
2位:快調茶 割安価格でダイエット 780円/30日分 難消化性デキストリン、センノシド
3位:黒モリモリスリム 便秘と宿便解消でダイエット 380円(5日分) ゴールデンキャンドル

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください