ハーブティーコラム

【必見】ハーブティーは効果なし? 効果が出るまでの期間は約3カ月!

ハーブティーと聞いてあなたは何を思い浮かべますか。
良い香りがしそう、お洒落、身体に良さそう、などのイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

今回は、ハーブティーの身体への効果に着目。

  • ハーブティーには効果があるのかどうか
  • どのくらいの期間どのように飲めばよいのか
  • 期待できる効果
  • 注意点や副作用

以上について詳しく調査しました。

ハーブティーには効果があるの?


病院で処方される薬と異なり、ハーブティーには即効性はありません

しかし、ハーブティーには、時間をかけてゆっくりと身体の不調に作用し、体質を改善させながら、症状を回復させていく効果があります。
長期的に見た場合、身体全体のケアをするために、有能な作用の仕方をするのです。

ハーブティーの良い点は、副作用が少ないこと、ハーブティーの成分を水分として身体に穏やかに吸収させることができるため、身体への負担が軽いことが挙げられます。

また、ハーブティーは、症状の回復といった健康面においてだけでなく、美容への効果も期待できます。

身体の水分不足を補うために、摂取する水分をハーブティーに置き換えるのも良いでしょう。

ハーブティーの効果が出るまでの期間と効果的な飲み方


ハーブティーは、身体にゆっくり作用していく飲み物です。
個人差はありますが、効果を実感できるまでの期間の目安は3ヶ月です。

1ヶ月目:デトックス期身体を内部からうるおし、汗をかきやすい状態にします。
代謝が上がり、血液やリンパの流れが良くなり、老廃物が排出されやすくなっていきます。
2ヶ月目:リセット期リズムができ始める頃です。ハーブの効果が出始めています。
3ヶ月目:コントロール期ハーブティーを効果的に吸収できる身体になっています。
ハーブの効果を実感として感じられるようになります。

1回に飲む量の目安は、およそ200cc(カップ1杯)で、4~6時間おきに1日3回に分けて飲みましょう。

途中で飲むことを諦めず、味や香りを楽しみながら、効果が出てくるのをじっくり待ちましょう。

美容や健康に効果のあるハーブティー


継続的に飲むと美容や健康に効果のあるハーブティーに以下のものが挙げられます。

ハーブティーの種類味の特長 効果・効能
カモミールティー口当たりは柔らかで、清々しい香り 抗アレルギー作用
リラックス効果
アンチエイジング効果
ローズヒップティー甘い香りと酸味 美容効果
ホルモンバランスの安定化
生理痛の緩和
ジンジャーティー生姜のスパイシーな香りと味 体温を上げる効果
新陳代謝を高める効果
リラックス効果
ルイボスティー渋みがほとんどない紅茶のような味 美肌効果
むくみ・冷え性の改善
ダイエット効果

これらはほんの一例ですが、ご自分の目的にあったハーブティーを吟味するのも楽しいひと時です。

ハーブティーを飲む際に注意すること


身体によい効果を多くもたらすハーブティーですが、一方で、気を付けなければならないこともたくさんあります。以下のような方は、特に注意が必要です。

服薬中の方、持病やアレルギーのある方


基本的に、服薬中の方や持病・アレルギーのある方は、ハーブティーを飲もうとする場合、主治医の先生に相談するようにしてください

その理由は、服薬中の方や持病・アレルギーのある方は、お薬との飲み合わせによっては、薬の効果が増減したり、副作用が出てしまったりすることがあるからです。

服薬中の方に特に注意していただきたいハーブがセントジョーンズワートです。
強心剤、抗うつ剤、抗てんかん薬、鎮静剤、血液凝固防止剤などの薬との相性が悪いことで知られています。
服薬中の方は、セントジョーンズワートを飲まないでください。

その他に気を付けていただきたいハーブとして、以下のものが挙げられます。

副作用に注意

  • イチョウ… 腹痛、湿疹、下痢
  • エゾウコギ…不安、鬱、イライラ
  • コンフリー…肝機能障害をもたらす毒性があるとされ、現在食用できないハーブとなっています。
  • シナモン…肝障害

アレルギーに注意

キク科のハーブアレルギー
喘息、発疹、アナフィラキシー、嘔吐、下痢、めまい、不眠症など

同じハーブティーを飲んでも、効果を感じる方もいれば、反対に副作用やアレルギーが出てしまう方もいます。

効き目や副作用の出方には個人差があることを念頭に置き、慎重にハーブを選ぶようにしてください。

妊娠中、もしくは授乳中の方


基本的に、妊娠中または授乳中の方がハーブティーを飲もうとする場合は、産婦人科の先生に相談するようしてください

その理由は、ハーブティーの中には、子宮収縮作用があるものがあり、妊娠中の方が飲んでしまうと、早産や流産のリスクが高まってしまうものがあるからです。
例えば、ラズベリーリーフティーローズマリーティーが代表的です。

授乳中の方の場合、授乳を通して直接赤ちゃんに栄養を届けるため、お母さんが口に入れたものの影響が、赤ちゃんに出やすくなっています。

授乳中に避けたほうがよいハーブとして、マテ、リコリス、タイム、バジルなどがあります。

また、授乳中は、体調が変化しやすい時期でもあるため、継続的に飲む場合は体調をみながら、飲むかどうかの判断をしてください。

妊娠中、授乳中の方に良い効果をもたらすハーブティー

  • ルイボスティー…妊娠中、不足しがちな亜鉛、鉄分、カルシウムなどの栄養を含んでいます。
  • ローズヒップティー…風邪やインフルエンザの予防に効果的で、つわりを軽減   させる効果もあります。
  • ラズベリーリーフティー…陣痛緩和に効果的です。

妊娠中に気を付けなければならないハーブがある半面、妊娠中に不足しがちな栄養を補ってくれるハーブや、辛い症状を緩和してくれるハーブもあります。

また、飲む時期によっては、副作用が効果となるハーブもあります。
例えば、ラズベリーリーフティーの子宮収縮作用は、妊娠初期では早産や流産のリスクを高めてしまう一方で、妊娠後期では、陣痛を緩和する効果があります。

同じハーブでも、飲む時期によって副作用が出てしまったり、反対に良い効果をもたらしたりすることがある点には、大変驚きました。
ハーブティーを上手く活用して、快適なマタニティーライフを送りましょう。

ハーブティーの効果についてのまとめ

要点
  • ハーブティーには、ゆっくりと身体の不調に作用し、体質を改善させながら症状を回復させていく効果があります。
  • ハーブティーの効果を実感できるまでの期間はおよそ3ヶ月です。
  • 継続的に飲むことで、美容や健康に効果を発揮するハーブティーにカモミールティー、ローズヒップティー、ジンジャーティールイボスティーなどがあります。
  • 服薬中の方、持病やアレルギーのある方、妊娠中、授乳中の方などは、注意しなければならないハーブティーもあるため、医師などに相談し、慎重に選ぶ必要があります。

私は普段、カモミールティーを飲むのですが、飲む理由は、単純に「味が好きだから」というものでした。
カモミールティーには、アンチエイジング効果があるということで、女性の私には嬉しい発見。

ハーブティーの効果の出方には個人差がありますが、短期間で諦めることなく、是非3ヶ月は続けていただきたいです。

体調や体質によっては注意が必要なものもあります。
ハーブティーを選ぶ際は、効果・効能だけでなく、副作用などにも着目して、慎重に選ぶようにしてください。

あなたも、ハーブティーの健康・美容効果で、健やかで美しい身体を手に入れてみませんか?

お茶ラボ、line始めました!

QRコード読み取りでも登録できるよ!

注意点&免責事項:
掲載されている記事内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々変化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もあるかと思います。事故やトラブルに関してこのサイトは一切の責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にて情報の閲覧と利用を行ってください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください